森と木のクリエーター科 木造建築専攻

木造の楽しさと奥の深さを知り、高度な技術で地域をサポートできる設計者を目指す

 木造建築専攻は、木の建物の美しさ、快適さ、奥の深さ、そしてそれをつくる楽しさを知ることができる、学びの場です。

 日本でも唯一の「木造」に特化した超実践的な学びを行なっています。特に演習林の木でつくる「自力建設」は森林資源の「川上」を意識した、他にない貴重な実習です。「実践プロジェクト」では専門教員と共に、実際の実務を通して、高度で最新の技術を身につけ、誰にも負けない特技を持ったプロフェッショナルを目指します。

学びの特徴
特色 1
実践を通して学ぶ「自力建設プロジェクト」
入学してすぐに学生自らが設計・施工で小さな建築物をつくります。演習林から伐出した樹木を製材・墨付け・刻みし、1年かけて竣工します。
特色 1
リフォーム時代の必須科目「木造建築病理学」
木造建築、住宅に関する調査手法や定量的な性能評価、説明力などの改修技術を体系的に学びます。
特色 1
社会で求められる実践力「地域実践プロジェクト」
学外の建築実務者と協同で行います。住宅の設計・監理や構造試験、木材強度試験など、実際のプロジェクトに参画します。
特色 1
人の繋がりが資産になる「ネットワーク構築」
本学には森林に関わる各種の分野があり、学外の実務者も日々訪れてます。在学中のネットワーク構築で、卒業後に皆さんの資産になります。
特色 1
次世代版設計の先取り
「木造建築の性能設計」
現状の設計手法はもちろんですが、将来の実務で役立つように構造設計、省エネ設計、防耐火設計など木造建築の性能設計の手法を学びます。
特色 1
自分だけの武器を持つ
「課題研究」
学生が興味のあるテーマを見出し、1年かけて自ら研究を行います。自分だけの持ち味を延ばします。これからは総合力+αの時代です。
学びのキーワード
  • 木造建築
  • 自力建設
  • 木造建築病理学
  • 地域材利用
  • パッシブデザイン
  • 木組の家
  • リノベーション
  • 古民家活用
  • 環境共生住宅
取得を目指す主な資格
  • 木造建築士(卒業後、すぐに受験可能)
  • 2級建築士(卒業後、すぐに受験可能)
  • 1級建築士(卒業後、実務経験4年で受験可能)
  • 住宅医(所定の履修と検定により取得可能)
人材目標
地域の特徴(森林・気候・風土・街並み・木材・素材・人など)を把握・活用した木造建築・木造住宅・木の空間を提案できる建築設計者(起業、就職に限らず自ら考えて行動できる人材)
木材や木質構造、環境性能など木造建築に関する高い専門知識を有し実務者へ技術支援ができる専門家(地域発展のサポートできる人材)
卒業生インタビュー