木造建築専攻
卒業生の進路

伊東 慶 -異業種から後継者へ-

法学系大学卒業後、社会人として働き、アカデミーで建築を学び、実家島根の工務店へ就職

プロフィール

木造建築講座 11期生
伊東工務店 勤務

コメント

建築の知識も経験も全くなかったのに実家の工務店を継ぐことになり、その準備として入ったのがこの学校でした。
ここで力を入れている教育のひとつが、性能設計(客観的に数値で検証できる根拠を用いることより、建築物の温熱性能や耐震性能などを担保する設計)です。
住まいの快適性や安全性を向上させるために重要ではあるものの、一般的に地域工務店では弱くなりがちと言われる技術です。

この学校では各分野の一流の教員陣・外部講師陣が名を連ねており、理想的な環境で性能設計を学習することができました。

卒業後実家の会社に戻ってからは、これまで自社では行なっていなかった構造計算や耐震性測定、温熱環境に関する計算・シミュレーションなどを全物件で実施し、自社で設計する住まいのさらなる品質向上を図っています。

文字の大きさを変更する
色を変更する