森と木のクリエーター科 木材利用分野

木造建築、木工など、木材利用の専門家を目指す

木材は、昔から工芸品、家具、木造建築などに利用されてきた伝統的な素材であるとともに、再生可能で地球環境に負荷を与えないため新たな役割が期待される素材でもあります。 暮らしに木を活かすことは、森林の健全な育成や、地域文化の継承と発展にもつながります。

木材利用分野は、木材産業などの発展と、木造建築、木工など、木材利用を促進するための専門家を養成します。

学びの特徴
特色 1
木材の性質・性能を
科学的に理解する
木材の性質・性能を科学的に見ることにより、合理的な木材利用を学びます。乾燥機や強度試験機などの設備で理論と実体をつなげます。
特色 1
設計して実際に建てる
自力建設プロジェクト
1年生が学内に小さな建物を設計し、職人さんの助けも借りて木材を加工し、1年がかりで建設します。木造建築のイロハを実践から学びます。
特色 1
リフォーム時代の必須科目
木造建築病理学
新築から改修が主流になる中、木造建築の最先端の改修技術や知識を学びます。構造、温熱、耐久性などをバランスよく理解します。
特色 1
多様な木工技術や
伝える手法を
基礎から体験・習得・実践
手工具や機械の使用法、小物や家具などの制作技術を身につけます。木工を主とした木育講座の企画と運営方法を学び、現場で実践します。
特色 1
クライアントの
ニーズを汲み
オリジナルグッズ開発
公共施設で販売されるオリジナルグッズを学生がデザインし、地域の木材で制作します。ニーズを汲み、形にする力が求められます。
特色 1
流通から販売まで
売るための仕組みを学ぶ
自分が制作したものに価格をつける原価計算、使い手に届けるための展示会の企画と運営方法などを学び、実際に作品を販売します。
学びのキーワード
  • 木造建築
  • 製材
  • 乾燥
  • 設計
  • 構造計算
  • 温熱計算
  • 健康住宅
  • ゼロ・エネルギー住宅
  • エネルギー計算
  • 木工
  • クラフトデザイン
  • 家具デザイン
  • 家具制作
  • 木のおもちゃ
  • 木工教室経営
  • 地域材活用
  • 伝統工芸
取得を目指す主な資格
  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • 木造建築士
  • 住宅医
  • 岐阜県木造住宅アドバイザー
  • ウッドマイルズ関連指標算出技術者
卒業後の姿
地域資源を活用し、建築と暮らしの関係を考慮した木の空間を提案する。
木材などの特質を生かし、環境・文化に則した建築物を設計・提案する。
地域の材料を生かし、地域の暮らしをよりよくする木製品の企画・デザインや制作を行う。
地域文化や伝統技術を評価し、継承のための新たな枠組みを構築し、実践する。