活動報告
2018年07月23日(月)

海外連携の実績ページを刷新

2014年11月にドイツのロッテンブルク林業大学と教育連携を締結して、4年目を迎えます。
これまで2回の日独林業シンポジウムが開催されました。2回目のシンポジウムでは4つの分科会も開催し盛り上がりました。
また、毎年のように本学の学生がサマーセミナーや専門研修に参加したり、両教員が行き来したり、留学生を受け入れたりと交流も活発になってきました。

今年度も学生が参加するサマーセミナーをはじめ、専門分野での行き来も多数計画しています。
そこで、これまでの交流履歴と報告をまとめたページを刷新しました。

ロッテンブルク

2014年から現在に至るまでの交流履歴とその時々の報告が一覧で見ることができます。

また、ドイツで学んできた内容を授業やイベントなどに反映している状況も整理したページを新設しました。
各分野で、新たな知見が様々に活用されています。


こちらのページは、随時書き進めていきますので、時々見てください。
日本とドイツの考え方の違いや、教員の考え方を垣間見ることができます。

ロッテンブルク連携協定委員会 委員長 辻 充孝


文字の大きさを変更する
色を変更する