海外連携

ロッテンブルク大学から学生を受け入れ

abroad01

日独間で交流を促進

平成27年10月、森林文化アカデミーはロッテンブルク大学からの初めての学生として、マティアス・ナーヴ氏を受け入れました。マティアス氏は2ヶ月にわたり、森林文化アカデミーの授業を聴講したり、民間林業会社でインターン生として現地実習を行うなど、日本の森林文化や林業技術を学びました。

今後、日本側からもセミナー参加や短期留学の形で学生を派遣し、若い世代の人的ネットワークを築いていく予定です。

文字の大きさを変更する
色を変更する