施設案内

自力建設

木造建築専攻の学生を中心に学生たちが設計、施工、利用している施設群。小さな建築ですが、どれも本格的でアイデア満載の建物です。

自力建設の教育プログラムで、「2016年ウッドデザイン賞」「2007年建築学会教育賞」を受賞。

自力建設マップ


森の中の四寸傘(2001年度 自力建設)

森の中の四寸傘アカデミー演習林内の松跡平に造られた八畳の休憩小屋。構造材は全て四寸角(120mm角)で構成され、雨水を集めるように傘をひっくり返したような逆方形の屋根が特徴となっている。内部には可動式のベンチと囲炉裏が設置されている。
この建物は住宅建築2002年8月号で取り上げられました。
第一回木の建築賞 優秀賞 受賞(木の建築フォラム主催)
森の中の四寸傘 リーフレット

みさきのちゃや(2002年度 自力建設)

みさきのちゃや「みさきのちゃや」の主用途は、地域の子供たちを対象にした“環境教育プログラムキャンプ”における屋外厨房である。日本の多くの屋外厨房はカレーライスやバーべキュ-にしか対応していないが、ここでは家庭で行われる炊事に関して全て対応できるようになっている。未来を担う子供たちがこの「みさきのちゃや」で何かを感じてくれるとうれしく思う。
第1回木の建築賞 優秀賞 受賞(木の建築フォラム主催)
みさきのちゃや リーフレット

活木処(2003年度 自力建設)

活木処
緑豊かな国、日本。国土の2/3は森林が占める。しかし外材普及率は80%を越え、国内の林業は不振に喘いでいる。そんな中で国産材の活用が叫ばれ、その解決の一端を担うと考えられるのが、今回のテーマ、木材の乾燥である。活木処に求められたもの、それは自然のエネルギーを利用した木材の乾燥であった。利用者の要望にかないつつ、木材にとっても周辺環境にとっても、理想的な乾燥方法をここで模索し、実践することを目的とする。

活木処 リーフレット

風の円居(2004年度 自力建設)

風の円居
環境教育研究会の提供するカリキュラムには、グループカウンセリングやワークショップ論という科目がある。少人数で集い、寝食を共にし、何かをつくり上げていく集中講義である。このような活動にふさわしい場の提供の他、夏の子どものキャンプ、普段からの学生の利用も可能な多目的空間としてのあり方も求められた。10人程度が生火を見ながら円く座れるという要望を満たすと同時に多目的に利用が可能な空間をつくること、また、機械に頼った生活を見直し、本来の体と心の調節機能を回復させるため、自然環境から多くのものを取り込むことを考えた。
風の円居 リーフレット
円八(風の円居 家具WS)リーフレット

switch(2005年度 自力建設)

switch
自転車通学できる距離に住んでいても便利さにひかれ自動車通学する学生が少なくない。また、美濃市周辺及び校内も自転車利用者にとって快適な環境であるとは言い難い。そこで、省エネかつ健康的な自転車利用生活を楽しめる、そんな魅力的な空間、「アカデミー駐輪場」を建設しようということになった。
switch リーフレット

桂の湯殿(2006年度 自力建設)

桂の湯殿
学内では実習が多く、汗をかいたり汚れたりすることが頻繁にある。実習の後、汗や汚れを簡単に洗い流し、その後の講義やゼミにリフレッシュした気持ちで参加したいという希望と、アカデミーで実施される地域のこどもたち対象のキャンプなどでコテージに完備された浴室を利用するだけでなく、森の中の「シャワー室」を利用することで環境教育をさらに有意義なものにしたいという目的から森のシャワー室を建設することになった。
桂の湯殿 リーフレット

地空楼(2007年度 自力建設)

地空楼
学内に配されたネイチャートレイル(自然の小道)上にはフォリーが点在しているが、活用されずに放置された最後の「黒の迷路」を自力建設により浮き彫りにしたい。  そこで、「黒の迷路」の活用、この建物が建つレベルから一段上がったフィールドをつなぐ階段の機能、そしてフィールドで行われる炭焼き体験時等の休憩場所としての機能を併せ持った、「連結施設」を建設する。 あわせて、この連結施設も含まれることになるネイチャートレイルを学内に形成し、環境教育に活用することを目的とする。
地空楼 リーフレット

ほたるの川床(2008年度 自力建設)

ほたるの川床
アカデミー校内を流れる小川の上に、学生会室を建設した。
アカデミー校舎のモチーフの格子を入れることで、構造性能を担保しながら、内部と外部を緩やかにつなぎ、木漏れ日などが室内に入り込む。夜は、格子から光が漏れ活動が灯る。
鉄筋コンクリート造(RC造)の基礎から鉄骨(S造)の片持ち張りを跳ね出し、木造の小屋を上部つくるという各構造を活かした混構造の建物となった。
ほたるの川床 リーフレット

こならのみち(2009年度 自力建設)

こならのみち
半屋外の活動の場として、コナラの木々の間に建設した。詰めれば20人程度が入ることができる。テクニカルセンターとコテージの中間に位置し、ここで行われる活動は行き来する人々の目に留まる。自然観察の拠点に、ある時は森のようちえんの活動が行われ、雨の際は避難場所として活用される。
3段に作られた屋根が空間にメリハリを、台形の床が方向性を与えて、自然に視線の方向が決まる。
こならのみち リーフレット

あらかしのだんだん(2010年度 自力建設)

あらかしのだんだん
2002年度の「みさきのちゃや」のデッキは風雨にさらされて劣化したため、外部デッキの改修に加えたバイオマストイレとして建設した。
デッキの劣化の原因を解体しながら研究し、その対応策として、いくつかの工夫を凝らして階段状にデッキを再構築した。
バイオマストイレは、おが粉と糞尿を混ぜることで、たい肥化を行う。
きちんと発酵させれば匂いも少なく、清潔感が保たれる。
HINOPI賞(加子母森林組合理事長賞)第1回木造建築AWARD
特別賞 第1回木造建築AWARD
WAC!WAC!賞 第1回木造建築AWARD
アラカシのだんだん リーフレット

森のインターチェンジ(2011年度 自力建設)

森のインターチェンジ
校内の複雑な建物の動線を整理すべく、校内の中心にシンボリックな建物を計画した。半円形の持ち上がったデッキのある特徴的な建物で、目印となる。
デッキに上がると、樹冠の高さまで視線が上がり、自然観察の場となったり、見晴らしの良い景色を見ながら昼食をとる場にもなる。
第11回 ぎふ 建築・生活・芸術系学生・生徒優秀作品展 最優秀賞 受賞
森のインターチェンジ リーフレット

木漏れ日の塔(2012年度 自力建設)

木漏れ日の塔アカデミーの入り口にそびえるアカデミーのサイン計画を兼ねた建物である。
内部は複雑に組まれたトラス材があたかも枝のように張り巡らされそこを通る光が木漏れ日のように映える。
来校者の一番最初に目に留まる建物である。
塔の下をくぐれば、散策路とつながるゲートの役割もはたす。
第12回 ぎふ 建築・生活・芸術系学生・生徒優秀作品展 最優秀賞 受賞
木漏れ日の塔 リーフレット

おうらいの茶の間(2013年度 自力建設)

おうらいの茶の間
アカデミーセンターとマルチメディア実習等をつなぐ渡り廊下を建設した。
学生が行き来する中心的な位置関係から、茶の間のようにくつろいで交流がはかれるように、ベンチは、お盆なども設置し、季節の良い時には学生が語らう姿が見れる。
壁のない構造ながら、安全性を確保すべく、木質ラーメン構法と、樹状に跳ね出した方杖によって開放的な建物となった。
第13回 ぎふ 建築・生活・芸術系学生・生徒優秀作品展 最優秀賞 受賞
おうらいの茶の間 リーフレット

森湊灯台(2014年度 自力建設)

森湊灯台

森林文化を象徴する「森のあかり」をコンセプトとした高さ10Mの木造灯台である。
日が暮れると上部にあかりが灯る。
”清流の国ぎふ”には、舟運の拠点として川に灯台がつくられてきた歴史がある。
長良川河川敷に現存する「川湊灯台」(県指定史跡)をモチーフに、私たちは森林を舞台に灯台を建設した。
アカデミーのランドマークとして、演習林”山の神”が地上に降りてくる宿り木となるよう、
建物中央に高さ8Mの桧の「心柱」を据え付けている。
第9回 建築コンクール「闇の建築」優秀賞 受賞
第14回 ぎふ 建築・生活・芸術系学生・生徒優秀作品展 最優秀賞 受賞
闇の建築 優秀賞 受賞
第19回 木材活用コンクール 第4部門賞受賞(ランドスケープ・インスタレーション部門)
森湊灯台 リーフレット

SOMA’s Hut ソマズハット(2015年度 自力建設)

Soma's Hut

現代の杣人のための小屋
演習林を利用する人、森が好きな人、そういった現代の杣人にとっての”hut(小屋)”であり、日差や雨から守ってくれる”hat(ひさしのある帽子)”のような建物。
山側から降りてくる人を受け止めるような形状と庇を持ち、周囲の自然とは格子を用いて緩やかに区切る。
土地にもともとあったもの(岩、木材、樹木)も利用し建物とその周りの環境をつなげることに生かしていった。
第15回 ぎふ 建築・生活・芸術系学生・生徒優秀作品展 優秀賞 受賞
Soma’sHut リーフレット

Oasis(2016年度 自力建設)

16期自力建設自然体験活動の拠点となる炊事場。
森のようちえんやプレーパークなどの子供たちも含め、アカデミー学生も活用し、オアシスとなるような水場。
丸太も用いた樹状トラス構造を構造解析で説き、複雑ながらも力強く利用者を包み込む自然な造形となっている。屋根は2枚の葉をモチーフに、雨水を集める仕掛けを施している。
第16回 ぎふ 建築・生活・芸術系学生・生徒優秀作品展 優秀賞 受賞
第16回 ぎふ 建築・生活・芸術系学生・生徒優秀作品展 岐阜県建築士会 会長賞 受賞

里山獣肉学舎(2017年度 自力建設)

里山獣肉学舎
狩猟により得られた獣肉の解体施設
林業の実習棟で捕獲されたイノシシ、シカなどを解体し、精肉として処理する施設。解体の一連の流れを学べるように、通常の解体施設とは異なり開放的なつくりとなっている。
二本ある丸太の搬入された獣を吊るし、泥やダニ等を洗い流し、専用の架台を用いて建物内部に移動する。内部では、電動ウインチなども活用しながら効率的に切り分け、最終的に精肉まで処理する流れを作っている。
下見板張りで経年変化を楽しめる外観と、衛生のため洗い流しやすい室内仕上げとなっている。

「里山獣肉学舎」実施図面一式(A3版73ページ)

森のいちだんらく(2018年度 自力建設)

森のいちだんらく

(2018年度 建設中)

課題:森の休憩室

実習や課題研究などで、疲労を和らげたり眠気を解消する学生は少なくない。
しかし現状寝転がって休憩をとるため場所はなく、本来の用途ではない場所で休息がとられていることもある。
よりよい学生生活を送るとともに、学生の安全管理と校内環境を保つため、疲労回復や眠気解消を目的とした休憩室が望まれる。
リフレッシュ施設として、6期自力建設「桂の湯殿」があるが、ボイラーが故障し使用できない状況にある。

そこで「桂の湯殿」を利用した「休憩室」への改修・増築計画の提案を求める。

 

現在計画中の自力建設の進捗状況は活動報告で公開中
文字の大きさを変更する
色を変更する