活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2019年04月24日(水)

さじフェスカウントダウン 三重県の武田製材を訪問してきました!

今週末、いよいよ「さじフェス2019 〜木の匙と杓子の祭典〜」の開催です!

実行委員の学生たちと、ビーバー製材所こと三重県の武田製材を訪問してきました。
武田さんは100種類を超えるさまざまな樹種を製材する、いわゆる「雑木」のスペシャリスト。しかしそれぞれの木には個性があり、特殊なニーズがあるのです。どんな木にどんな需要があるのか、常にリサーチして、ユーザーに供給しています。そのお話の興味深いこと。森林や木材に関わる業界では川に例えて「川上(植林、伐採)」「川中(製材、流通)」「川下(加工、販売)」という言い方をしますが、供給と需要をつなぐ川中の役割がいかに重要かを感じた訪問でした。

さて、さじフェスの会場では参加者にいろいろな生木を削ってもらい、それとは別にプレミアムな木をスプーン削り用に販売します。今回は、前回のさじフェスで好評だったフルーツウッド10種類。リンゴ、スモモ、ブドウ、サクランボ、ナシ、ヤマモモ、カキ、ミカン、ザクロ、ウメ。

4/29と30の両日販売し、30日は武田さんも会場にやってきます。参加者のみなさん、お楽しみに。

 

久津輪 雅(木工・准教授)


文字の大きさを変更する
色を変更する