教員紹介
くつわ まさし

久津輪 雅

准教授
mkutsuwa@forest.ac.jp
専門分野 木工
最終学歴 筑波大学第3学群 国際関係学類
研究テーマ ・木のものづくりの新しい可能性の開拓
・古くからのものづくり文化や技術の継承
・グリーンウッドワーク

経歴

1967年、福岡県出身。

1986年、筑波大学国際関係学類に入学。在学中1年間休学し、日本国際ボランティアセンターのボランティアとしてタイのインドシナ難民キャンプで働く。

1991年、NHKに入社。特に社会問題や災害復興等に関心を持ち、ディレクターとしてクローズアップ現代、NHKスペシャルなどの番組制作に従事。

1999年、NHKを退社し、岐阜県高山市の森林たくみ塾にて木工を学ぶ。

2001年、イギリスに渡り家具職人として働く。はじめの2年半はイングランドの個人家具工房(James Winby Furniture)、その後半年間はウェールズの地域材を用いた家具デザイナーのスタジオ(David Colwell Design)、最後の2年間はスコットランドの森林保護財団が運営する家具工房(Borders Forest Trust / Woodschool)に勤務。職場を移りながら、より地域社会や環境に関わる木工に関心を深める。イギリス滞在中に、人力の道具で生木を加工する古くて新しい木工、グリーンウッドワークに出会う。

2006年より岐阜県立森林文化アカデミー勤務。木工分野の教員として小物や家具制作を教えるとともにグリーンウッドワークを日本に紹介し、普及に努める。「木のものづくりの新しい可能性の開拓」をテーマに、林業、環境教育、地域づくり、福祉などさまざまな分野と連携して活動を行う。

2010年より、後継者のいなかった長良川の鵜飼道具をはじめとする竹細工技術の継承に着手。関市の最後の鵜籠職人と言われた石原文雄氏の指導を受け、鵜籠の制作技術を学ぶ。森林文化アカデミー卒業生とともに技術の継承に携わる(現在は卒業生が技術を継承し美濃市内に工房を開設)。

2012年より、岐阜和傘の材料確保や人材育成の支援を開始。和傘づくりに欠かせないエゴノキを、美濃市の林業グループ、和傘職人、森林文化アカデミーの三者が協力して伐採する「エゴノキプロジェクト」を行う(現在も継続中)。

2014年より、日本全国で失われつつある和船の技術を残し、情報を共有するため、メーリングリスト「和船ネットワーク」を設立。

 

専門分野に対する思い

「主にものづくり講座の学生に、手工具と機械を使った木工全般を指導しています。
森林文化アカデミーには、さまざまな経歴を持った人が集います。年齢は20代前半から60代まで。木工技術を学ぶには若いに越したことはないのですが、私はここに来るまでの経歴も『木工+α』の技術だと捉えています。私自身も20代は報道番組制作に携わってきましたが、そこで培った社会を見る眼、人に分かりやすく伝える技術は、現在の仕事に欠かせないものです。

いま木工の現場では、材料となる広葉樹の枯渇、安価な輸入品との競争、国内市場の縮小、伝統技術の後継者不足など、さまざまな問題を抱えています。この分野で生きていくためには、ものを作る技術に加え、各人が持つ『+α』の技術で社会に新しい提案をしていくことが求められます。そんな、やる気ある学生達と出会えるのを、毎年楽しみにしています。特に、私がテーマとする『木のものづくりの新しい可能性の開拓』『古くから文化や技術の継承』に一緒に取り組んでくれる人、募集中です!」

 

趣味

岐阜の伝統的な工芸や芸能を見て歩くのが趣味です(ほとんど仕事と同じ?)。豊かな森林資源を使ったものづくりがあり、建築があり、地歌舞伎や文楽などの芸能もあり、見ていて飽きません。古いものを見ることが、新しいものづくりのヒントにもなっています。

小学生の娘と一緒に三味線もやっていますが、練習不足でなかなか上達しません。

著書