活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2021年06月14日(月)

木造建築病理学実習

木造建築病理学の実践として、恵那市で実測調査を行いました。
木造建築専攻の学生12名に教員4名を加え、計16人の大所帯。恵那市のAさん宅に伺いました。
 
実践講師として、森林文化アカデミー4期生の中島昭之さん(一般社団法人インク主宰)をお招きしました。中島さんは、年間50棟の建物調査を行うプロです。
 
まずは、16名を6つのチームに分けて段取りを確認していきます。
・矩計図を押さえて全体を把握するチーム。
・平面図を押さえつつ、バリアフリーや防耐火性能を把握するチーム
・内部外部の劣化を把握するチーム
・床下の現況+劣化調査を行うチーム
・小屋裏の現況+劣化調査を行うチーム
・耐震性能を把握するチーム
 
の6チームに分かれて調査です。
木造建築病理学の座学で概要は聞いているとはいえ、現地での調査は初めて。
それぞれに教員がどのように調査していくか確認していきます。
 
床下チームは畳をめくり、侵入口を確保し、内部を見ていきます。
まずはざっと床伏図という図面を起こし、そこに劣化状況などを書き込んでいきます。
中島さんはさすがに手慣れた感じで、注意するポイントを的確に指示していきます。
 
小屋裏チームは押し入れの点検口から小屋裏に侵入。
まだ梅雨中とはいえ、日射が当たった屋根の熱が入ってきてすでに40℃近い暑さです。
水分補給をしながら図面に起こし、劣化箇所や構造のチェックを行います。
 
 
昼休憩で調査の様子を共有します。
設備関係のチェックが終わらなさそうということで、別チームから助っ人の調整。

 
初めての現地調査でしたが、15時半には調査は概ね完了しました。
書いた実測図は38枚にも及びます。
 
 
ここから住まいの診断レポートという報告書にまとめます。
准教授 辻充孝

文字の大きさを変更する
色を変更する