活動報告
2020年10月14日(水)

ごみ箱収納「収納家具」

木工専攻教員の渡辺圭です。
今年度のクリエーター科木工専攻2年生「収納家具」の授業でごみ箱収納を制作しました。

天板と脚部分は県産材のクリ、箱部と扉、引き出しの前板は学内の演習林で伐採されたヒノキを使っています。

フラップに合わせ、引き出しの前板と扉は黒に、天板は汚れの影響も考え茶色に着色しました。

レーザーカッターで文字を切り抜きフラップに貼り付けました。

もともとはアカデミー1期生の方が制作されたものが設置してありましたが、年数が経っていたことと、設置場所に対してもう少しコンパクトにできるのではないかと考え、実際に運用される用務員の皆さんや事務局の方に聞き取りを重ね、サイズやデザインを考えていきました。かごや木材など、再利用できるものは新たな役目で使わせてもらっています。

今年の木工の2年生は岡田さん一人なので大変な部分もありましたが、たくさんの行程をコツコツと進めていき、無事完成しました!

フラップを押してごみを捨てることができます。

袋の交換の際には磁石でフラップを固定することができ、固定枠を引き出しやすくする工夫もしてあります。

設置場所の検討に始まり、利用する方に詳しく聞き取りをし、デザインから制作までを行うとても実践的な授業です。工程数が多いので、スケジュール管理や段取りの大切さも実感できたのではないでしょうか。

納品してしばらく時間が経ちましたが、利用される方にもとても好評でした!

木工専攻 講師
渡辺圭


文字の大きさを変更する
色を変更する