活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2016年06月30日(木)

丸太からスプーンを削る 〜グリーンウッドワーク指導者養成講座

グリーンウッドワーク指導者養成講座、第2回目はスプーンづくりです。まずは完成した作品をご覧いただきましょう!サクラの小径木を削って作りました。

27888337856_18ab51e5db_b

今回も福岡県、岡山県、和歌山県などからご参加いただきました。
会場には参考にしてもらえるよう、参考書や、日本各地の木杓子、作家さんのスプーン、去年の受講者が作ったスプーンなどを並べておきます。

27821236832_eb0750a0b6_b

27309655633_e66518353f_b

1人1人、自由な形に削ってもらうのもいいのですが、指導者養成講座では形を決めて、作るポイントを学ぶことを重視します。

27822717222_2da9bac638_b

ヤマザクラの生木を必要な長さに切り、

27311782583_a3ac26c58e_b

割る道具で割って、

27924752585_97fe7474bf_b

型を使って墨をつけたら、

27646023840_190e69b8ef_b

削り馬にまたがり、センという刃物で削っていきます。

27822777712_d014e04c6d_b

匙面は丸ノミで。

27311674614_0374e7b74a_b

全体を形づくっていく段階では、私が去年スウェーデンの木工家から学んできたナイフワークも採り入れました。
肩を持ち上げ、ナイフを持った腕全体を突き下ろすようにして荒削りする技法。

27888615046_ac1df08527_b

スプーンを手に持ち、ナイフの峰を中指と薬指で押しながら、手前に向かって削っていく技法。
日本では小刀は「危険だから」と手前から奥へ向けて削るように習うことが多いですが、海外では手前に向けて削る技法を多用します。もちろん、怪我をしないよう工夫されています。このようなナイフワークをもっと、グリーンウッドワークに採り入れていこうと思っています。

27888647976_db6658cf7b_b

27821322382_c4e4b7949e_b (1)

 

1日かけてスプーンが完成しました!
グリーンウッドワークは作るだけではありません。実際に使ってみて、不具合があれば改良して、生きた暮らしの道具にしてほしいです。

27918041065_525e69aceb_b (1)

 


文字の大きさを変更する
色を変更する