活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2016年06月29日(水)

古民家リノベーション事業プランニング講座2016 第一回篠山、倉敷視察報告

今年3年目となる「古民家リノベーション事業プランニング講座2016」の第1回目を行いました。

毎年、篠山で講師の金野さんの物件を見せていただいていますが、今年の目玉は何といってもホテル・ニッポニア。
全国で初めて国家戦略特区の緩和規定を用いて、母屋にあるフロントで受付をしたのち城下町に広がる古民家を離れとして客室にしている大人気のホテルです。

IMG_1576_R

今回は無理をいって、内部まで見せていただきました。昨年来たときは、ちょうど改修中で、雑然としていたのが、古民家の風合いを残しながらいい感じに仕上がっていました。

IMG_1581_R

その後、内山ギャラリーさんの広間をお借りして、金野さんの最初の講義。全体のイメージを共有します。内山さんも、最近篠山に戻られてこちらのギャラリーをオープンしていました。毎年来るたびに、新しいショップやギャラリーが開業し、連鎖的ににぎやかになっています。

IMG_1599_R

金野さんの講義後は再度、篠山の散策です。あいにくの雨でしたが、レンタサイクルを乗るつわものも。私はといえば、昨年泊まらせていただいた”かるがも荘”を見てきました。すでに、ホテルニッポニアの離れになっており、雰囲気が一変。
受講生も、古民家改修マップを片手に、様々な活用事例を見ていました。

IMG_1604_R

夕方に、ギャラリーKITA’sに再度集まり、金野さんの第二講義です。より、活用の手法に突っ込んだ内容で、受講生も熱心に聞いていました。このKITA’sは、著名なプロダクトデザイナーの喜多さんのギャラリーで、篠山の重要な場所に位置しています。このギャラリーがオープンする顛末は金野さんの熱意を特に感じた部分です。

IMG_1615_R

翌日は、バスで倉敷に移動して、ゲストハウスを運営する中村さんに講義いただきました。

独特の運営方法と雰囲気づくりで、全世界から注目のカフェ+地域まるごと宿(ゲストハウス)です。丁寧な暮らしを基本テーマに、旅人と土着の人との交流を通じて、風土を作っています。

IMG_1650_R

昼に、カフェの前を通ると、すでに凄い人が行列を作っています。

IMG_1658_R

午後からは、街中で、設計事務所を構える楢村さんの事務所で、30年以上続けてきたまちづくりの講義です。
事務所自体も古民家を活用した素敵な空間です。建築を学んできた私にとって非常に印象に残る言葉の数々。
・保存ではなく、魅力的に直すことが大切
・歴史に失礼が無いように
・経済性が大切
・色あいや形状がそろっているだけでなく、質がよいかどうか。
・本物の素材を組み合わせる
・20年後に、どのように馴染んでいるかを考える

本質は、金野さんや中村さんと同じことを話されていますが、やはり建築に長年携わってこられた方の言葉は私にはしっくりきました。

IMG_1749_R

お忙しい中、楢村さん自ら倉敷の街中を案内いただきました。いたるところに改修された物件があり、その仕事ぶりに感動しました。

IMG_1780_R

非常に学びの大きかった第一回目だったと思います。次回は、舞台を美濃市、岐阜市にうつし、今回学んだことも活かしながら実際の古民家の活用を考えます。

准教授 辻充孝


文字の大きさを変更する
色を変更する