活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年11月24日(金)

大阪自然史フェスティバル 初参加! 

11/18(土)、19(日)の2日間にわたって大阪市立自然史博物館で開催された大阪自然史フェスティバルに参加してきました。このフェスティバルは、大阪周辺で活動する自然関係のサークル、地域の自然保護、保全活動を行なっている団体が一堂に会して出展する「自然の文化祭」で、今回で9回目の開催となるそうです。大阪近郊に限定しているわけではないときき、我が森林文化アカデミーもブースを出展してきました。

毎回1〜2万人の来場者があるとのこと。今回は、1日目は雨で若干少なかったようですが、2日目は1万人を超えていたのではとの情報を聞きました。

アカデミーブースは室内の大きな会場のちょうど入り口付近。自然史フェスの趣旨に合わせて、アカデミーでの里山保全の取り組みや、エゴノキプロジェクトの取り組み、卒業生の進路をポスターにして展示。

展示の様子

開場前のブースの様子。入り口付近ということもあり、この後人が途切れなく…

さらに岐阜で見られる団栗を並べたものや生き物切り絵、広葉樹のお箸などを机に並べて、素通りしがちな一般のお客さんに対応しました。家族連れからご年配の方まで幅広い客層でしたが、やはり自然に関心を持っている方が来ているため、多くの方に足を止めていただきました。パンフレットを手渡して、森林文化アカデミーをしっかり宣伝。持っていったパンフレットも大半を持ち帰っていただけました。

今後も機会があれば、参加していきたいと思います。フェスティバル主催の認定特定非営利活動法人大阪自然史センター、大阪市立自然史博物館、関西自然保護機構の皆様には色々とお世話になりました。ありがとうございました。

(津田 格)


文字の大きさを変更する
色を変更する