活動報告
2020年01月11日(土)

韓国・木造建築等調査研究ツアー(その1)

韓国木造建築技術協会・副会長 キム氏と打ち合わせを行いました。
(1) 森林文化アカデミーへの入学希望者向けセミナーについて
⇒ 今後、KOREA BUILD 2020 他で実施していく方向性で検討する。

(2) ライン工業(可児市)「囲柱ラーメン木構造」の韓国輸出の可能性について
⇒ 韓国国内でのラーメン構造のニーズは非常にある。しかし、今後広報活動などで周知することが必要である。

(3) 住友理工(小牧市・2019年度受託研究)「TRC制振ダンパー」の実務者研修について
⇒ 今後、KOREA BUILD 2020 他で実施していく方向性で検討する。

(4) 加子母森林組合「組立和室(茶室)」の韓国輸出の可能性について
⇒ 韓国国内でのヒノキ材利用、タイニーハウスなどのニーズは非常にある。しかし、今後広報活動などで周知することが必要である。

これまで、小原が作成してきた韓国技術者向けマニュアルなど(下記)について、韓国の法改正に伴い、修正作業などが必要なものもある旨、打ち合わせをしました。

◆2017年度 韓国木造建築技術協会 技術支援 「韓国版壁量計算マニュアル 2017版」
(1)韓国仕様(シエスタ)版:壁量計算の根拠の算出について
(2)韓国仕様(シエスタ)版:品確法壁量計算の根拠の算出について
(3)韓国仕様(シエスタ)版:岐阜県産材スギ・ヒノキ横架材スパン表

◆2018年度 韓国木造建築技術協会 技術支援 「構造安全確認書作成マニュアル 2018版」
(1)「構造安全性と耐震設計書(5階以下の建築物など)」 作成マニュアル【韓国語】
(2)「構造安全確認書(平屋~3階建て用)」【韓国語】
(3)「構造安全性と耐震設計書(5階以下の建築物など)」 作成マニュアル【日本語】
(4)「構造安全確認書(平屋~3階建て用)」【日本語】

◆2019年度 韓国木造建築技術協会 技術支援 「WallStatによる耐震性能検証」【日本語】

教授  小原 勝彦


文字の大きさを変更する
色を変更する