活動報告
2017年09月08日(金)

韓国木造建築視察(その1)

日本では国策として、アジア圏(特に、韓国、台湾、中国など)への輸出に力を入れています。岐阜県でも同様に木材関連の輸出に力を入れ始めています。また、韓国の木造建築は枠組壁工法(いわゆる、ツーバイフォー工法)が大半で、軸組構法は非常に少ないため、軸組構法の技術がほとんどない状況です。

そこで、私としては、アカデミーが持っている木造軸組構法建築の技術的な部分について技術指導ができて、木造軸組構法建築についてアカデミーで学びたいと思う実務者や学生がでてくるといいと考えております。

 

◆ MBC建築博覧会(コヤン/高揚市/Goyang) KINTEX

MBC(放送局)の企画している建築博覧会へ参加しました。高陽市にある国際展示場KINTEXにて8/24~8/27の期間で開催していました。一般の方々が非常に多く参加しており、非常に驚きました。

会場の駐車場では来場者の車はいたるところに駐車している

会場は大勢の一般来場者でした。

 

(1)ハンダウン建設

2017年に韓国木造建築技術協会会員になったばかりですが、これまでにプレカット20棟程度の実績があります。韓国では坪80万円程度が一般的です。

ハンダウン建設の社長さんとの打ち合わせ

 

(2)ドジョン

年間300棟程度の実績あり、ソウルでは大きな工務店です。韓国では坪80~100万円程度が一般的です。

実大建物の展示では、仕上げ材まで完成した状態での展示でした。 展示の事前準備期間は、2日間だそうですが、よく建設できましたね。びっくりです。

つづく

准教授  小原 勝彦


文字の大きさを変更する
色を変更する