活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年05月16日(火)

木造建築の新しいかたち(その59)木質構造に関する住育の取り組み

モレラ岐阜にて開催された森のおもちゃ展に出展しました。強い柱選手権、通称「アカデミーカップ」を開催致しました。オリジナルの強い柱を作って、その柱に載る重量を競うものです。

ルールは3つ。①A4用紙1枚のみを利用する。②柱の高さはA4短辺方向の長さより低くなっていけない。③紙と紙の接着にのみセロテープを利用してもよい。

木造建築でも、建築基準法というルールを遵守しながら、規格材を利用して求められている性能を確保します。設計、施工、技術者の技術力や利用者の使い方などで、同じ材料を用いて木造建築を建設しても異なった性能になりますが、常に合格点以上の性能を確保するのがプロの仕事です。

強い柱選手権では、紙1枚と3つのルールがすべてですが、木造建築の実務にも相通じるところがあります。そんなところに気づくきっかけになるといいと考えています。

2~3分程度で柱をつくる方もいらっしゃれば、4時間ぐらいかけて柱をつくる方もいらっしゃいました。

このアカデミーカップには83名の参加を頂きました。御参加頂きました皆様、有り難うございました。

准教授  小原 勝彦


文字の大きさを変更する
色を変更する