活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2021年06月22日(火)

チェンソーのガンマークの誤差はどのくらい??【曲率あるガイドバー編】

前回ガイドバーの取付方法や伐倒木の直径でどのくらいの誤差が生じるのか検討しましたが、

 

チェンソーのガンマークの誤差はどのくらい??【ガイドバー取付方法編】

 

チェンソーのガンマークの誤差はどのくらい??【伐倒木直径編】

 

今回は曲がりのあるガイドバーを用いた場合に、伐倒木の大きさによってガンマークの狙いと伐倒方向の誤差は変わるのか検討したいと思います。

 

前回はガイドバーが直線の場合に、伐倒木の大きさが異なると伐倒方向の誤差がどうなるかを検討しました。

 

しかし通常のガイドバーには曲線が付けられており、同じ目標をガンマークで視準したとしても、下記の図にように伐倒木の大きさによって伐倒方向の角度が異なります(直線状のガイドバーの場合は、伐倒方向ラインとガンマークの視準線がなす角度は伐倒木直径に関わらず同じ)。

 

またCADのモデルを使って検討してみました。

今回検討したモデルがこちらです。

ガイドバーの曲がりの程度は実際のガイドバーを参考にしました。

 

結果はこちらです。

 

ガイドバーの曲率はガイドバーのメーカーや種類によって異なりますので、今回のずれの数値は絶対的なものではありません。

 

直径が30cmの立木 ⇒  左方向に186mmのずれ(ガンマークでぴたっと目標を狙うと、伐倒方向は左に19cmずれる)

 

直径が20cmの立木 ⇒ 左方向に325mmnのずれ(ガンマークでぴたっと目標を狙うと、伐倒方向は左に33cmずれる)

 

となりました。

 

ガイドバーが直線状の場合は、

「伐倒木の直径が小さくなるほど伐倒方向は右方向にずれる」のですが、

ガイドバーに曲線がついている場合は、

「伐倒木の直径が小さくなるほど伐倒方向は左方向にずれる」

結果となりました。

 

ガイドバーに曲線がついている場合、伐倒木直径が小さいと、大きい場合と比較してガイドバーの視準線と伐倒方向ラインのなす角度が開くことになりますので、より左方向にずれることになります。

 

ガイドバーの曲がりはガイドバーのメーカーや種類によって異なりますので、異なるガイドバーであれば異なる結果になると思われます。

 

山の中で伐倒方向を見定める際は、15m先の30cm誤差はあまり気にしないケースが多いかと思いますが、伐木選手権など15m先で誤差数センチ以内を目指す!というときはガイドバーの曲率の影響で、伐倒木直径が変われば、ずれも変化するということを頭に入れておくとよいかもしれませんね。

 

杉本


文字の大きさを変更する
色を変更する