活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2016年09月01日(木)

昆虫と暮らす!

里山景観マイスター養成講座 Basic コース第2回(1日目)

ハチのホテルをつくる!

里山景観マイスター養成講座 Basic コースの第2回が先週末の8/278/28に開催されました。初日はニホンミツバチ協会から三輪芳明さん、酒向正美さんを講師に招いて「ハチの家」の制作を行いました。「ハチの家」は、身近に暮らす生き物を感じるために作る、昆虫の入りやすい工作物のことです。ミツバチの巣箱とは違って直接ハチミツの生産等を目的にしていません。

 

160827酒向さん講演

 

まずは講師の酒向さんから身近なハチについて講義をいただきました。そのあと三輪会長から実際にアカデミー内に設置されているハチの家を前に解説です。参加者一同興味深そうに拝聴していました。一見役に立っていないようなハチの家ですが、リンゴ農家が設置したところ、狩りバチが住み着いて害虫を駆除してくれた例もあるんだとか。

160827虫の家

160827三輪さん解説

 

 実際にハチの家の中を開けてみると・・・。既に幼虫が餌のクモと一緒に暮らし始めていました。これはすごい! キット化できるんでは?

160827ハチの家中身

 材料のイタドリやネザサを集めて、さっそく参加者の皆さんとハチの家を作成しました。皆さんの力作が並ぶとなかなか壮観です。

160827完成した虫の家

 

 大事なのは、役に立つ昆虫だけを増やそうとするのではなく、多様な生き物が暮らす健全な生態系を維持することです。そのことが、益虫も害虫も大発生することの少ない安定的な自然を管理していくために大切だと思います。かつての里山の自然には束ねた笹や茅葺き屋根など、生き物の住みかが日々の営みの中に織り込まれていました。そんな暮らしの豊かさを伝えていけるとよいですね。

准教授 柳沢直


文字の大きさを変更する
色を変更する