活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2016年06月15日(水)

自力建設2016 悶々と。。。進行中

今年度の自力建設。

講評会のあまりのコメントの多さに、考えることがいっぱいのようです。ありがたいことです。

少しづつ整理をしては決め・・・、でも立ち戻ったり・・・。少しづつ前進中。

 

昨日は、授業が終わった後、自力建設の原点、一期生の「森の中の四寸傘」に。いろんなヒントが詰まってます。

 

IMG_1531

山の中でどのように水を得るか。行きついた答えが傘をひっくり返して雨水を集め、そのままだと漏るので一か所おろしてドラム缶に貯水する屋根の形状にして、架構はなるべくシンプルに。

また一期生は先輩からの乾燥材の供給が無く、材の手配に苦慮。そのため、流通していた4寸角を組み合わせて躯体をつくっていく考え方。

四寸傘のコンセプトや木組みの明快さに刺激を受けて、半分徹夜で配置と計画を練り直し。

 

その計画をもって、川尻副学長に相談に。悩んでいきついた配置に関しては、まさに考えていた通りの様子で一安心。

構造は中途半端ながらやりたいことを伝えると、さすが知恵と知識の宝庫。

屋根の素材の種類や効果、雨水タンクの人脈、丸太の向き方や乾燥方法、暑さ対策・・・などなど、いろいろなアドバイスが得られました。

IMG_20160615_172141

またしても情報がいっぱい来て、学生の頭で処理が追いついていません。

一晩じっくり考えて、これらの情報をどう料理しいくか。これが設計の楽しさ(苦しさ?)です。

准教授 辻充孝


文字の大きさを変更する
色を変更する