活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2021年01月06日(水)

第6回市町村林務担当職員研修(区分1)を開催しました

今回は、講師として、森林経営管理制度に詳しい品川弁護士を招いて「森林所有者の探索方法の考え方・流れ」「森林所有者の探索の模擬作業」について研修を実施しました。

 

午前中の講義では、所有者が行方不明の時や、死亡して相続人もいなくて、「所有者が分からない」、「なすすべもない」といった理由で困る場合、我が国では、状況を動かすために「財産管理制度」というものがあることを教えていただきました。

しかし、今までも、公共事業や、災害復旧・修復に必要な用地確保のため、所有者を把握できない土地に対して、「財産管理制度」を使用できず、「事業の中止、中断、ルート変更」などを余儀なく行う事例が多々あり、実際にこの制度を活用することは簡単ではありません。活用できなかった理由としては、「制度活用のノウハウがない」、「費用の負担をする者がいない」、「時間がかかる」などがあり、国土交通省では、緊急時に活用できるよう対策を講じているとの説明がありました。

「財産管理制度」を活用するには、まだまだハードルがあることが分かりましたが、そもそも、そういった制度があることを知らなかった参加者も多く、今回の研修では、有益な情報を得ることができました。

 

午後からの時間は、実際の登記簿を読み解きながら所有者探索の方法を教えていただきました。登記簿には随分古いものもあり、読み取るだけでも大変です。

しかし、「どのような情報を根拠に探索を進めればいいのか」について、具体的に知ることができました。


文字の大きさを変更する
色を変更する