活動報告
2019年11月14日(木)

林業・林産業体験実習(枝打ち編)

クリエーター科1年生共通授業

【林業・林産業体験実習】

今回は「枝打ち」がテーマの1日です

枝打ちの手法だけでなく、枝打ちを行う事で起こる影響や

季節(芽吹きの季節と紅葉の時期が目安)や太さなど、どのタイミングで枝打ちを実施する必要があるのか?を共有した後

5m程度に育ったヒノキの枝打ち(すそ払い)を実施しました

2年前にアカデミーの先輩たちが行った枝打ちの跡を見ると、節の巻き込み具合を確認することもできました。枝を落とした大きさと、巻き込みのスピードを見ることで

最低限の大きさで枝打ちする必要性を確認できました。しかしながら、遠慮しすぎて高い位置で枝を落としてしまうと「死節」を作ってしまう要因にも繋がる為、非常に難しいポイント。

林業専攻の学生だけでなく、環境教育・建築・木工の学生が、自分たちの領域で関わる素材や部材・空間が、どの様な流れを経て生産されているのか。それらを知る為にとっても有意義な時間になったようです。「何より楽しかった」という率直な感想も多く聞く事ができました。川上から川下までをつなぐアカデミーの学生として、それぞれの専攻にどのような形で持ち帰るのかこうご期待です。

 

報告:新津


文字の大きさを変更する
色を変更する