活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年11月13日(月)

施業プランナー第12回育成研修を開催

11月10日(金)、平成29年度施業プランナー育成研修の第12回の育成研修を開催しました。

今回は、進捗管理とコスト管理として、元祖提案型施業の京都府の日吉町森林組合から「小林耕二郎 事業課長」さんをお招きし、日吉町森林組合の取組みと課題、現場での進捗管理とコスト管理について講義していただきました。

小林事業課長さんから

1 日吉町森林組合の概略

2 日吉町森林組合の経営信条

3 木材生産効率アップのための取組み

・効率の良い人員配置

・一人ひとりの意識改革も重要

・常に改善意欲を持ち続ける組織風土が大事

4 大事なのは目的と目標

5 立ち位置を知るためのデータ管理

6 週初めと朝夕のミーティング

7 プランナーと森林技術者の考えをどう一致させるか

8 プランナーは現場作業のどこを注視するのか

9 昔の所有者と今の所有者

について判り易く説明していただき、順次、質疑応答のかたちで講義を受けました。

特に印象的だったのは、管理面積約1万ヘクタール、職員20名で対応しており、作業路開設と木材運送は外注にて実施しており、皆伐せずに植林ゼロで進めているということでした。

機械の能力を最大限発揮させる段取りを組むことが重要であり、現場に無駄の排除を投げかけるのもプランナーの重要な仕事とのことでした。改善意欲を持ち続ける組織風土も大事とのことでした。

また、見える化の取組内容を図表で詳細に説明いただいき、理解を不負けることができました。

過去に開設した作業道延長は250kmに及んでおり、その補修管理等すべてを森林組合が管理しているとのことでした。

受講生は、所属事業体で生じている課題と比較しながら、無駄を排除し改善を続ける組織づくり、意識づくりに共感していました。


文字の大きさを変更する
色を変更する