活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年06月01日(木)

エンジニア科1年生1UP!「刈払機の操作」修了

エンジニア科1年生の「刈払機の操作」が終了しました。

この授業は、労働安全衛生法に基づく、刈払機取扱作業者に対する安全衛生教育に相当するものです。

アカデミーでは、同実施要領が推薦する林業・木材製造業労働災害防止協会発行のテキストを使用し、要領で定める所定の学科教育・実技教育6時間のほか、操作実習をさらに追加し、合計30時間(4日間)のプログラムで刈払機の取り扱いを学びます。

まずは、燃料を入れて、エンジン始動やアクセル操作など基本操作を覚えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間の操作を見守り、アドバイスします。もちろん安全距離15m離れます。

 

実習では、平地・斜面での若草刈、笹刈、造林地など様々なシチュエーションで、機種や刈刃を変え、刈払機操作を体験します。

学生たちにとっては、刈払機が、この学校で最初に使用するエンジン動力の機械で、この機会に、燃料の混合・給油・取り出し、刈刃の付け外し、分解点検などを繰り返し行い、マスターしていきます。

使用後は、刈刃を外し、きれいに掃除します。

4日間の使用で、刈刃もずいぶん鈍りました。

今年度は、全日程を好天に恵まれ、無事終了することができました。後日、学生たち全員に安全衛生教育修了証が交付されます。

とりあえず、これで、林業実技1UP!

来週からは、チェンソーの特別教育がスタートします。

以上報告は、担当 伊佐治でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


文字の大きさを変更する
色を変更する