教員紹介
まつい たくみ

松井 匠

講師
専門分野 木造住宅の設計「木組の家づくり」
古民家の再生
空き家対策
ものづくりにおける美術の基礎
グラフィックデザイン
最終学歴 多摩美術大学 美術学部 絵画学科
版画専攻(銅版画クラス)
研究テーマ ・郡上八幡空き家プロジェクト
・ものづくりにおける美術の基礎
・情報発信とグラフィックデザイン

経歴

東京都中野区に生まれる。公園に行くと地面に枝で絵を描く子供だった。高校二年のときに、もっと絵が上手くなりたいと思うようになる。

東京芸大を目指し浪人。アルバイト先がレンタルビデオ屋だったこともあり毎日映画を観るようになる。浪人中、インドへ行ったり、彫刻家若林奮に会いに行くなどする。

多摩美術大学絵画学科版画専攻に入学。銅版画クラスを選択。フランス、スペイン、モロッコへバックパック旅行をする。絵画制作の過程で「言葉」に興味を持ち、脚本家の祖父の影響で小説を書くようになる。

卒業後、父の建築設計事務所で「木組の家」の設計に携わる。“民家に学ぶ木組の家づくり”を通して、都市計画、山林の保全、一本の手摺のデザインまで、社会を具体的に変えていく仕事を経験する。実務の世界で11年間過ごし「木組の家」の設計、古民家の再生、建築法規や設計事務所運営・リスクヘッジ・契約業務、温熱計算を身につける。

一般社団法人ワークショップ「き」組監事に就任し、松井郁夫建築設計事務所事務所と並行して安定運営に努める。
勉強会「木組のデザイン」ゼミナールで講師を務め、建築実務者を対象にデッサンや家づくりを教える

2017年、森林文化アカデミーに木造建築専攻の講師として就任する。

専門分野への思い

・日本中にある空き家をどう直していくのか。伝統的な技術と文化を失わせることなく性能を向上するためにどう設計するか。何がいま美しいのか。
そんなことを考えながら木造建築と関わっています。

・“意匠と性能”のちょうど良い関係を探し続けることが、良い建物をつくる人の仕事だと思っています。

・「審美眼」は、設計やものづくりを生業にする人間にとって大切なことです。絵を描くことはその基本ですが、あまり本格的に習う機会はなかなかありません。才能と関係なくある段階まで「技術」として習得できる「審美眼」を、建築教育の一環として成立させたいと思っています。

・クリエーターってなんなのでしょうか。アーティストとデザイナーって何が違うのでしょうか。それを説明できるようにいつも意識しています。

資格

・二級建築士(埼玉建築士会)
・省エネ建築診断士expert(一般社団法人パッシブハウスジャパン)
・既存住宅現況調査技術者

担当講義・プロジェクト

住宅デザインのトップランナー2人から学ぶ「暮らしを提案できるクリエーター」先端建築学

その古民家の良さを伝える。「旧松久邸悉皆調査」完了しました

「エスキース教室2017」プロジェクトがはじまりました

なんでこの法律があるの?「木造建築法規」

「古民家の再生」美濃の旧松久邸で“実測野帳”作成!

「空間認識」ちょうどよさを探そう!

木の家の骨組みをつくろう!「木造建築概論」

ドイツ報告第一弾「ドイツ森林環境教育施設の視察報告」

文字の大きさを変更する
色を変更する