教員紹介
まつい たくみ

松井 匠

准教授
専門分野 木造建築設計 / 木組の家づくり
古民家の改修 /
絵を描くことによる審美眼教育
グラフィックデザイン
最終学歴 多摩美術大学 美術学部 絵画学科
版画専攻(銅版画クラス)
研究テーマ ・古民家調査、改修プロジェクト
・絵を描くことによる審美眼教育
・情報発信とグラフィックデザイン

経歴

1981年、東京都中野区生まれ。
子どもの頃はどこにいても絵を描いていた。
高校二年のときに、絵を描くことに真面目に向き合い始め、学費の安い東京芸大を目指し受験浪人をした。
絵を描きながら、アルバイト先のレンタルビデオ屋で映画を借り、毎日1-3本の映画を見た。稼いだアルバイト代でインドに行った。
多摩美術大学美術学部絵画学科版画専攻銅版画クラスに入学。
在学中にアルバイト代でカンボジア、フランス、スペイン、モロッコへ行く。
小説を書くようになる。

卒業後、株式会社松井郁夫建築設計事務所で「木組の家」「古民家の改修」の設計に携わる。
建築実務を11年間経験し、建築法規、設計事務所の運営・リスクヘッジ・契約業務、情報発信、温熱計算を身につける。
一般社団法人ワークショップ「き」組監事に就任し、安定運営に努める。
勉強会「木組のデザイン」ゼミナールで講師を務め、建築実務者を対象にデッサンや、木組の家づくりを教える。

2017年、森林文化アカデミーに木造建築専攻の講師として就任する。
木造建築全般と、クリエーターになるための美術の基礎、情報発信を教える。
料理と渓流釣りが趣味。

(経歴のエピソードを20周年記念インタビュー記事で公開しています!)

 

専門分野への思い

・「わからないことに向き合う」方法を探して伝えています。

・「誰かにとって、意匠と性能と機能のちょうど良い塩梅を探すこと」が建築における良いデザインだと考えています。

・空き家は、ただなおすのではなく、町の風景と一緒に設計することが重要です。

・毎日クロッキー教室を開催しています。
「観察力」は何かをつくるために一番最初の能力です。絵を描くことで、誰でも身につけることができます。
才能と関係なく技術として習得できる「観察力」を、教育の一環として成立させることをテーマにしています。

・古民家の実測野帳作成実習や、建築法規の講義も担当しています。法律はおもしろい世界です。

 

資格

・二級建築士

グラフィックデザイン

デッサンのデモンストレーション

小説

「笛を持って帰れなかった。」  2004年執筆

 

担当講義・プロジェクト

「わからないものと向き合う」クリエーターのための美術とデッサン

「DON’T TRY」クロッキー教室2020

「その建物その町を理解したリノベーションを」古民家の再生

「美しい伏図を描いて木材を数え上げる」構造設計製図・木拾い術

なんでこの法律があるの?「木造建築法規」

住宅デザインのトップランナー2人から学ぶ「暮らしを提案できるクリエーター」先端建築学

その古民家の良さを伝える。「旧松久邸悉皆調査」完了しました

「空間認識」ちょうどよさを探そう!

木の家の骨組みをつくろう!「木造建築概論」