活動報告
2016年07月12日(火)

構造解析への挑戦

クリエーター科1年生の授業『木質構造力学』で構造解析をしました。入学して早3か月、建築の勉強を始めて1か月強、構造の勉強を始めてから1か月弱・・・、構造解析をするには技術的にもちょっと早すぎるかなぁと思いつつも毎年この時期には、学生自ら設計している建物の構造解析をするようにしています。

架構の変形を見ています。

架構の変形を見ています。

 

架構の変形は、震度5弱程度の地震に対して、線形挙動以下(概ね1/300rad~1/120rad)以下には抑えたいけれども・・・。設計が悪いと、変形してしまうので、再設計になります。

解析結果を分析しています。

解析結果を分析しています。

ドキドキしながら、架構の変形、部材に生じている応力を数値で確認していますが・・・、部材はボキボキ折れてしまっているもようです。残念ながら、再設計を頑張りましょう。

准教授  小原勝彦


文字の大きさを変更する
色を変更する