活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2019年07月29日(月)

自力建設2019「Cobiki」大工合宿打ち合わせ

こんにちは。クリエーター科1年木造建築専攻の松岡です。
自力建設の最も大きなイベントといえば「大工合宿」。8月に大工さんの下小屋で指導を受けながら、すべての構造材の継手と仕口を刻みます。ほとんどの学生が初めて鑿(のみ)を持つため、道具の使い方から学び、複雑な加工にも挑戦します。
7月25日、来る大工合宿に向けて、今年もお世話になる東濃ひのき製品流通協同組合さんにごあいさつ&打ち合わせに行ってきました。
まずは今年度の自力建設の棟梁、太目さんより「Cobiki」のコンセプトと設計概要の説明。
次に伏図や継手・仕口の詳細図を基に、経験豊富な東濃ひのきの鈴木大工さんや大島さんにアドバイスをいただきながら、納まりの打ち合わせ。木造大断面の2方向ラーメン構造をDボルトで固める構造で、Dボルトの精度が要。難易度が高そうですが、あえて挑みます!
材料搬入の日程も決まり、合宿後の材の保管もご協力いただけると心強いお言葉もいただきました。あとはお盆前の墨付けまでに材料を調達するのみ!

大工合宿2019打ち合わせ1

(今年度は10㎡を超える建物規模で材の量がかなり多く、加工も必要なため材料準備はかなり重要です。材料担当の下田さん指示の元、みんなで協力して作業頑張ります。)
その後、事務所近くの作業場を見せていただいた後、車で数分の合宿所を拝見。子供の頃に遊びに行った親戚の家を思い出させるような、懐かしい感じの木造2階建て(外観写真を撮り忘れました…)。その名も「どさない(心配ないよの意)」。今年はエアコンが設置され、快適に過ごせそうです。近くのスーパーも確認し、お風呂と洗濯の算段をして、合宿のイメージが具体化してきました。もうこれで「どさない!」です。

大工合宿2019打ち合わせ2

次は、ギター奏者の熊崎さん(903=くまさん)にバトンタッチ。


文字の大きさを変更する
色を変更する