活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2019年07月10日(水)

自力建設2019「部材をつくる」

自力建設2019部材をつくる1

令和元年7月3日、今年度の自力建設である、簡易製材小屋Cobikiの
部材作りが始まりました。
今回の授業では120㎜×480㎜の板柱を作ります。
4本の120㎜の正角材を接着剤で結合させ、1つの大きな柱にしていきます。
模型の赤丸の部分です。

では、さっそく作業スタートです。

まずは板柱を平行に作るために、木材をプレーナーという機械に通し、
表面を平滑にします。重い木材を運び、押して、また運ぶ。
次の日の筋肉痛が決まった瞬間です。

自力建設2019部材をつくる6

次に1本1本の木材の曲げヤング係数を測ります。木材の中心に重りを
置き、変位を見ていきます。木材のたわみ(強度)を調べる重要な作業です。

自力建設2019部材をつくる5

曲げヤング係数を測った後は、いよいよ接着です。まず接着剤を混ぜて

自力建設2019部材をつくる4

ヘラで塗っていきます。エンジニア科の学生も大活躍です。

自力建設2019部材をつくる3

そしてプレス!プレス機のボタンを押したのは
一番誕生日が近かった下田さん。これ以上ないプレゼントですね。
次の日には接着完了です。

自力建設2019部材をつくる2

今回作った材は、今後仕上げをし、Cobikiの長手方向を支える柱になります。
この大きな柱がどのように見えてくるのか、今から楽しみが止まりません。
とは言いえまだまだやる事はたくさんあります。
設計と施工の両方を進める忙しい毎日ですが、非常に勉強になります。
今後も色々な人の力を借りながら完成に向けて頑張っていこうと思います。

次回の自力建設ブログはクリエーター科1年生の癒し担当、松岡さんか
ギター担当熊崎さんにバトンタッチです。

木造建築専攻一年:松下昌太郎


文字の大きさを変更する
色を変更する