活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2020年11月12日(木)

2020 翔楓祭 「ちょっと森(そこ)まで」 閉幕

11/7~8に森林文化アカデミーの学園祭である、「翔楓祭」が開催されました。
今回は「ちょっと森(そこ)まで」とテーマを掲げ、地域とアカデミーの関わりにこだわる学園祭にしようと、実行委員会を結成し準備をスタートしました。

 

鼻息荒く「去年よりパワーアップして開催したい!」と意気込んでいましたが、実行委員会が作られたころは、日本全国コロナショックに戸惑う毎日。
「人が集まるイベント自体、開催ができるの?」と皆、心配を抱えながらの船出でした。

「どういうものがアカデミーらしいのか?」
「来場者の皆様にどうしたら喜んでもらえるのか?」
「全体のバランスは?」
「コロナ問題やあらゆるルールに抵触しないのか?」
…と、ほぼ毎週役員は集まり協議を重ね、時には深くなることも。

 

今までにない状況での開催に、「皆様来てくださるのか?」と、気を揉む日々。
しかしいざ、ふたを開けてみると沢山のお客様が来てくださいました。
すべてのご来場者様に、コロナ対策チェックシートの受付済の木札をお配りしました。
「こんな時世に足を運んでいただくのに、ちょっとでも笑顔が増えるように」
と委員が、こだわって丁寧に作成し思いのこもった一品。
お土産にお持ち帰りいただけるようにしたこともあり、皆様に大変ご好評いただきました。

ピース

また、模擬店も趣向を凝らしたものばかり。

学内の針葉樹の葉から蒸留した精油を精製したり・・・

精油

学内の窯を使ってピザを焼いた学生も。
(大盛況で、売り切れてしまいお求めいただけなかった方!申し訳ありません。)

ピザの出店

学内ではライブやフラダンスのショー、ちびっこたちの太鼓の発表会も開催。
学園祭に彩りと活気を添えてくれました。

学生ライブ

学内の自然豊かなフィールドを生かし、初心者向け野鳥観察会を企画した学生も。
子供にもわかりやすく、楽しみながら興味が深まる内容で「らしさ」が発揮出来たのではないでしょうか?

野鳥観察

また、「関わり」というキーワードで、「OB・OGサロン」を開設。
卒業後も学校につながっていてほしい、という思いで専用の休憩所を設けました。
懐かしい写真などを閲覧できるようにしたり、メッセージを残せるようにしたり工夫を凝らしました。

サロン

こうして、無事に開催ができたこと。
そして、皆様が足を運んでくださったこと。
開催や準備に際し学校はもちろん、関連の施設や近隣の皆様にも温かく沢山のご支援いただきました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

全体写真
(クリエーター科2年 佐藤 真希子)


文字の大きさを変更する
色を変更する