活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2019年09月26日(木)

曲げわっぱ制作中!長良川(ながら)んちぼっくす2019レポート③

みなさんこんにちは 森と木のクリエーター科 木工専攻2年の清水貴康です。
10月4〜6日に行われるお弁当箱販売イベント「長良川(ながら)んちぼっくす2019」開催までの模様を随時レポートしています。今回は、私、清水の制作レポートです。

私の制作しているお弁当箱は「曲げわっぱ」です。近年、SNS映えするなどの理由から注目の集まっている曲げわっぱですが、古くは、体力仕事の山師さんが山の中へ持っていったもので、たくさん食べられるような作りとなっています。

 

加えて、木の吸水性を活かして、お米が冷めにくい、腐りにくいなどという特徴もあり、見た目のかわいらしさだけではなく、機能性も兼ね備えたお弁当箱であるといえます。曲げわっぱは主に針葉樹(スギ、ヒノキ、サワラ)を使用することが多いですが、今回制作するのは広葉樹であるヤマザクラを使用しています。なぜヤマザクラなのかというと、曲げわっぱには曲げた木をとめる為にヤマザクラの樹皮を使います。

 

木も生き物であり、その命を頂いて制作しているわけですから無駄なく使ってあげることが大事なことであると私は考えています。そして、見た目としてもヤマザクラの赤みがかった色がとても鮮やかなので、この樹種を選ぶことにしました。

私は将来、曲物の生産者として活動していきたいということもあり、曲げわっぱの制作についてはある程度知ってはいたのですが、実際に一から作ってみると全体のサイズや、上蓋と身のおさまりの良い大きさの割合など決めることが多く、何度も試作を繰り返しました。

 

加えて、お弁当箱を販売する以上、数を作らないといけないわけですが、同じものをより正確に作る点も苦労いたしました。スピードに関してはまだまだですが、着々と進めている状況です。そして、間もなく長良川(ながら)んちぼっくすの販売日です。現在は最後の仕上げに取り掛かっている最中です。気を抜かず、完成させていきたいと思います。

曲げわっぱをはじめ、昔から親しまれている木製品の生活道具は手入れをすれば一生使えるものだといわれています。是非、あなただけの一生ものを手に入れてみてはいかがでしょうか。是非ご来店お待ちしております。

森と木のクリエーター科 木工専攻 2年 清水貴康

■開催概要■

開催日 10月4日(金)5日(土)6日(日) 11時から18時

開催場所 長良川てしごと町家CASA 〒500-8009 岐阜市湊町29  TEL090-8335-9759

駐車場 2台あり(店舗横)※駐車場利用の際は一声おかけくださいませ。ご案内します。

岐阜県美濃市にある岐阜県立森林文化アカデミーに在学する森と木のクリエーター科木工専攻の2年生5人それぞれが長良川や岐阜県にちなんだお弁当箱をテーマに5種類のお弁当箱を制作し、販売いたします。

会場である長良川てしごと町家CASAでは和傘の販売なども行っております。そちらもあわせてお立ち寄りくださいませ。多くの方のご来場をお待ちしております。

 

長良川(ながら)んちぼっくす2019の詳細情報はこちら

 


文字の大きさを変更する
色を変更する