活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年11月01日(水)

身近な森の手入れ第二回(竹林編)が開催されました。

 

森と木のオープンカレッジ「身近な森の手入れ・入門」第二回(竹林編)が開催されました。

この講座は、森林文化アカデミーと、日本昭和村(美濃加茂市)の連携によって運営されています。

この日は昼ころから雨になる予報だったので、予定を変更し先に実習を行いました。

昭和村公園内のモウソウチク林をお借りしました。

既に一部は適度な密度管理がなされている竹林ですが、未経験者にとっては見通しが良く、竹を倒す作業スペースも確保しやすいため、ありがたい実習フィールドです。

 

まずは竹林の観察から。竹の種類の判別、密度の判断、竹幹の年齢の識別、一般的な手入れの方法と道具の説明をしました。

次に、のこぎりとロープを使って安全確実に切り倒す方法を数パターン紹介しました。

 

そして二名のペアを作り、古い竹を切り倒す実習作業の開始です。

 

 

隣の作業チームとの距離に注意し、同時に作業しないよう声を掛け合います。

伐倒方向を決め、必要に応じてロープをかけ、ノコギリで受け口を作り、安全確認をしてから、追い口切で伐倒します。

初め手の方もおられましたが、徐々に慣れて、最後は楽しく作業されているようでした。

予報通り、昼前から雨が強くなりました。

午後は室内講義です。

竹の種類と生態、用途と管理、放置竹林の問題と対策、竹材利用の将来展望についてお話ししました。

最後に質疑応答をして終了しました。

皆さんとても熱心に受講していただきました。第3回目も楽しみです。

以上報告は原島でした。

 


文字の大きさを変更する
色を変更する