活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2016年04月12日(火)

コミュニケーション演習2

IMG_2871

1年後の今頃は、林業や林産業の現場で働くことになるエンジニア科の2年生。

森林文化アカデミーでは、林業や林産業の技術、知識だけでなく「社会人」として働いていく際にとっても大切なコミュニケーションの技術や知識もしっかりと身につけてもらいます。

講師は、元岐阜放送アナウンサーで東海学院大学教授の神田卓朗さん。方言や地域に関する様々な雑談やジョークが時折交ざる楽しい演習が今日からスタート。講義はまるでラジオを聴いているかのようです。

IMG_2829

1回目の今日は、自己紹介や、挨拶の仕方、そして我々日本人が実はしっかりと習っていない「あ・い・う・え・お」の母音の正しい発音の仕方、お腹から声を出す練習など実習ベースで進行しました。

どうしても自分では大したことないとつい思ってしまって、さらっと概要を言うだけで終わってしまいがちな自己紹介。そこにどれだけ「自分」を「具体的」に入れこみ「印象づける」ことができるかを意識しながら学生たちは全員を前に一人ずつ自己紹介をしました。
IMG_2845

緊張しながらも、初めてやるわりには皆結構しっかりやれてましたよ。自己紹介が終わると、先生から一人ずつ丁寧かつ的確なフィードバックをいただくこともできました。

発生練習では、たった数回やるだけでも自分の声の出方の進歩を感じられる瞬間も!「あ・い・う・え・お」って正しく発音するのも結構難しいことを実感。

IMG_2858

今日から8回連続で続くこの授業。5月末には、地元美濃市の方々をゲストにお招きしての授業もあります。近頃めっきりと少なくなってしまったお年寄りと若者とのコミュニケーション・セッションです。

林業・林産業の現場でも、異年齢との交流は当たり前。地域の人、山の持ち主、現場の親方、お客さん、班長などなど。。1年後とは言わず、この夏のインターンシップでもこの授業で身につけたことは役に立つことでしょう。

そしてこの授業が全て終了した頃には、学生さんたち、ちょっとだけ社会人に一歩近づいているんでしょうね。。。そんなとっても大切な授業が今日からはじまりました。(萩原ナバ裕作)

 


文字の大きさを変更する
色を変更する