活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年06月22日(木)

「岐阜県地域森林監理士」養成研修が始まりました

岐阜県では、本年度から、地域における森林の管理及び経営に必要な専門的知識を有し、市町村行政の支援や民有林経営への助言等を行う人材として、「岐阜県地域森林監理士」を養成・認定していきます。この養成研修について、森林文化アカデミーにおいて実施することとしています。

 

今回(6月21日)、研修生となった5名が出席して、研修の開講式が行われました。

林政部長のあいさつに続き、研修生の自己紹介を兼ねて研修に向けての意気込みの発表がありました。各研修生から、現在感じる林業を取り巻く問題点やその解決に向けた資格取得後の活動のビジョンの発表があるなど、受講に向けた強い意気込みが感じられました。

 

開講式に引き続いて、さっそく、研修が開始されました。

まず、研修の1項目めである国の政策について、中部森林管理局の河邉企画調整課長および岐阜森林管理署の松嶋総括地域林政調整官を講師に招き、国の林業行政の歴史や現状、今後の施策の最新の内容などについて講義をいただきました。

また午後より、2項目めとなる県の基本計画・主要政策について、講義と課題解決に向けたグループ討議などが行われました。

 

今後、講義や実習が今回を含め14項目、12月まで実施される予定です。その後、この研修を修了した方は12月に実施される岐阜県地域森林監理士認定1次試験を免除され、1月に実施される2次試験に臨むこととなります。

この研修が岐阜県地域森林監理士として活動される方々にとって意義あるものになるよう、検討を加えつつ順次実施してまいります。

 

担当:森林技術開発・支援センター


文字の大きさを変更する
色を変更する