活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2016年08月21日(日)

里山インキュベーターいびがわ2016第2​回―上流域フィールド実習

里山インキュベーターいびがわ2016」第2回の「上流域フィールド実習」を8月6日(土)-7日(日)に実施しました。共催団体のNPO法人泉京・垂井 副理事長の神田浩史さんと担当教員・嵯峨のダブルコーディネーターで揖斐川上流域の山村集落へ移住・起業した人たちを訪ねました。参加者11名の他に、助成団体のJTさん、日本農業新聞の記者さんも同行して賑やかな一行になりました。
DSCF0063
訪問先は揖斐川町の春日地区・坂内地区。1日目は春日地区の「上ヶ流茶園」で在来茶の畑の手入れを続け、「天空の遊歩道」の整備と案内にも関わっている森善照さん、家業の茶園を引き継いで7年前から「傳六茶園」という小さな茶舗を始めた森ひろみさん・さとみさん姉妹、春日の最奥部・美束集落に12年前に移住して「麻処さあさ」を開いた田口龍治さん、彼の仲間で「森の染織工房のの」スタッフの村瀬綾乃さんを訪ねて、移住の経緯や仕事への思いなどを伺いました。夜は坂内地区の茅葺き民家「竹姿庵」に宿泊。地元食材の夕食弁当を食べながら始まった参加者スタッフの自己紹介は、それだけで深夜まで続くほどの熱の入った語りでした。
DSCF0076
DSCF0095
DSCF0104
2日目は早朝から、元坂内村長・田中正敏さんのご案内で「諸家集落の散策」をしました。諸家集落の森林資源を活用した生業の歴史と戦後の過疎化の歩み、村長や森林組合長の時代に行った「工芸の村づくり」や「夜叉が池伝説の芸能創作」などユニークな施策のお話。続いて「機織り&スープ屋さん」を営む永田まさこさん・弘行さんを訪ね、人気のスープカレーのできた経緯や実食も。最後は、講座の拠点である北方地区の「星降る古民家」を使って全体のふりかえりをして終了しました。
DSCF0105
DSCF0138
DSCF0162
DSCF0158
今回の「上流域フィールド実習」では、暮らしと仕事のあり方を一体に考え、働き方・商品の作り方・稼ぎ方を含めた新しい生業を模索し実践している方々に多数お目にかかることができました。参加者の胸の内にもさまざまな波紋が起きたようです。講座にご協力いただいた地域の皆さま、自らの移住・起業ストーリーを率直にお話いただいた皆さま、ありがとうございました。9月21日の第3回へと続きます。
DSCF0164
担当  嵯峨創平(揖斐川町駐在)

文字の大きさを変更する
色を変更する