活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年06月10日(土)

木造建築の新しいかたち(その65)木質構造に関する住育の取り組み

実務者のスキルアップをする住育:専門技術者研修「これからの木造建築構造を考える」を開催しました。この一連の研修は、前半では講師の方に話題提供をしていただいて、後半では参加者の皆さん含めてこれからの木造建築構造についてディスカッションする、研修となっています。

第3回は、『既存木造建築における木材強度の調査と推定』というテーマで、山崎真理子 氏(名古屋大学 准教授)を講師にお招きしました。

改修の構造設計を許容応力度計算などで実施する際に、既存の木造建築に組み込まれている構造材の強度が分からないと設計ができない。それを調査して、木材強度の推定する手法についてお話を頂きました。

 

数多くの調査事例の御紹介と、実設計での利用方法の御紹介ということで、後半のディスカッションも非常に盛り上がりました。

准教授  小原 勝彦


文字の大きさを変更する
色を変更する