活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年06月06日(火)

使いこなせたら凄いぞGIS!!

エンジニア科2年生「林業IT」授業が終了しました。

「林業IT」とは、林業情報テクノロジーの略。最近は、「林業ICT」(林業情報コミュニケーションテクノロジー)と言う方がふさわしいとのことです。

この授業では、これからの森林施業には、欠かすことのできないGISについて、基礎知識や基本操作、応用技術を学びます。講師は、GISに詳しい、中島技術士事務所-NACAパートナーズの中島義雄先生です。

アカデミーが利用しているGISソフトは、米国Esri社が提供するGISソフト「ArcGIS」です。このソフトは、本当に多機能なソフトで、地理情報の収集、整理、分析等、「こんなことができたらいいのに」と思うことは大抵できてしまいます。ただし、このソフト、多機能なだけに、使いこなすのはそうそう容易なことではありません。

用語や、ボタン操作に加え、電波環境、パソコンの能力不足に手こずりながらも、中島先生の丁寧な指導で、一つ一つ操作をこなしていきます。

授業では、GISの基礎知識をひととおり学んだ後、実際の業務で想定される様々なシチュエーションを想定して、操作方法を覚えていきました。

  

 

GIS上で、地図情報に、森林簿情報を追加し、その中から必要な情報だけを抽出すると、所有者別色分け地図や、樹種別の分布図などが手間なく作れてしまいます。

  

また、収集した情報を、スマホを使ってPCに転送し、情報共有することも可能です。

ここでは、毎木調査データーを、座標や画像のデーターとともにPCに転送し、地図上で表示をしてみました。スマホのこんな使い方は、初めてでしょ?

将来、森林・林業の仕事に就いた時、GISを駆使し、森林簿や地図情報、現場測量データなど自在に加工・利用ができたら最高ですね。

若者たち、使いこなせGIS!! 私には、無理 ><。

以上、報告は担当 伊佐治でした。


文字の大きさを変更する
色を変更する