活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2017年06月27日(火)

作業日報を活用するためのノウハウレクチャー

森林管理のための情報処理講座(基礎編)をアカデミーで開催しました。

 

自社の生産性向上や安定的な木材供給を行うには生産管理が必要!しかし…

「作業日報を書いているけど、十分に活用できていない…」という会社は多いと思います。

 

日報を分析するためにはデータの取り扱いやデータの解釈に関する知識が必要です。

ということで今回の研修を企画しました。

 

「グリーンウォッチGreen Watch」という林業のための生産管理ソフトを開発した、

BoxBoxと株式会社ヨシカワとの共催です。

 

グリーンウォッチ『現場状況』『林業機械稼働・保守』見える化ソフト

BoxBoxと株式会社ヨシカワが共同開発した「グリーンウォッチGreen Watch」

 

詳しくはコチラ

 

研修講師はBoxBox坂本様で、アカデミーのクリエーター科卒業生です。

民間事業体や行政関係の方々が参加しました

 

研修では実際の作業日報のデータを元に、

平均値、分散、標準偏差など統計数字を計算しながら、エクセルの各種機能や関数を扱う演習を

行いました。

 

特に「一日何本伐倒したのか」「一日何m3搬出したのか」など生産性を見る場合、

平均値だけではなく、データのばらつき(標準偏差)も重要です。

 

ヒストグラムでデータのばらつきを確認します

 

使ったエクセル関数や機能は、

average,power,subtotal,sumifs,countif,ピポットテーブル …etc

 

エクセルのいろんな機能や関数を使って、データの集計・分析・見える化が可能です。

ぜひ使いこなして日報の活用に役立てて頂ければと思います!


文字の大きさを変更する
色を変更する