活動報告
最近の活動
月別アーカイブ
2018年01月16日(火)

インド環境森林気候変動省が来校

 インド政府の環境森林気候変動省のみなさんが、林業の担い手・人材育成についての調査のため森林文化アカデミーを訪問されました。

 森林文化アカデミーの体制や教員、カリキュラム、教室や実習室などの調査とともに、林業普及指導の体制や普及指導事業内容などについて調査されました。

 涌井学長からはインドには学ぶべき先人たち、誇るべき先輩たちがいることを具体例を挙げて説明され、同時に2012年にインドでのハイデラバードで開催されたCOP11では、「自然を守れば自然が守ってくれる(Nature protects if she is protected)」というスローガンの下、実施されたことなども話されました。

 しかしインドでは貧困による森林破壊があること、つまり燃料などを購入できない貧しい人たちが生活のために森林を荒廃させることで、森林減少や干ばつ、水害などの問題直面している実情にも触れられ、森林文化アカデミーとしても、何か協力できることがあれば検討してゆきたいと回答されました。

 

 

 今回のインド訪問団はJICAからの要請で受けたもので、今回は技術審議役である川島 裕さんが随行されての訪問でした。

 インドでは気候変動による自然災害について、日本よりも前向きに考えており、そのための人材育成を計画していることも分かりました。

 以上報告、JIRIこと川尻秀樹でした。

 

 

 

 


文字の大きさを変更する
色を変更する