森と木のクリエーター科 森林利活用分野

森林経営・森林環境教育の専門家をめざす

 森には、木材生産、生物多様性保全、環境保全、水源涵養、災害防止、保健・レクリエーション、文化・教育などたくさんの機能があります。 これら森が持つ多面的な機能を活用していくことは、地域社会を活性化し「森からはじまる持続可能な社会」につながります。  

 森林利活用分野は、森林空間のもつ多様性・公益性・持続性を最大限に発揮させることのできる総合的な森林経営の専門家と、森林空間をフィールドにした環境教育の専門家を養成します。

学びの特徴
特色 1
日本で唯一!
学内の演習林(33ha)
で実践的に学ぶ
学内に演習林があるのは日本でもココだけ。演習林での日々の実習を通して、森林利活用のプロになるための技術・感覚を磨きます。
特色 1
自然科学と五感を通して
森を知る
「森」を知るためには、自然科学の知識に加え、森を五感で感じとることが重要です。これらを両輪に森の見方を学びます。
特色 1
理論を学んで
演習林で実践する
造林から伐採搬出技術まで森林の施業技術についての理論を体系的に学び、演習林や地域の森林で実践します。
特色 1
伐採~製材・加工まで
全て学内で実施
演習林での事業プランは実際に実行し、高性能林業機械を使って伐採・搬出します。木材は学内で製材・加工し、建築や木工に使います。
特色 1
森と暮らしのつながりを
実体験
材料集めから始まる木工や、薪づくりから始まる調理などの体験を通して環境教育や木育指導者として大切にしたい感覚を養います。
特色 1
毎日が「場づくり」と
「伝える」実習現場
森のようちえんからワークショップまで、学内外のナマの現場で“森と人をつなぐ”ための場づくりと伝えるための技術を学びます。
学びのキーワード
  • 森林経営
  • 林業経営
  • 森林管理
  • 林業
  • フォレスター
  • 経営計画
  • GIS
  • 高性能林業機械
  • 里山保全
  • インタープリター
  • インタープリテーション
  • 環境教育
  • 木育
  • 森のようちえん
  • 自然観察
  • パーマカルチャー
  • プレーパーク
  • プレイワーカー
取得を目指す主な資格
  • 森林総合監理士(フォレスター)
  • 森林施業プランナー
  • 技術士(森林部門・環境部門)
  • 林業技士
  • 森林情報士
  • 森林インストラクター
  • 自然観察指導員
卒業後の姿
地域や経営体の森林が目指す姿を示し、森林施業の中・長期的な計画を立案する。
様々な現場と目的に応じた木材の生産・販売・流通を分析し、適確な仕組みを構築する。
自然学校や森のようちえんなど森林空間を舞台に環境教育や木育を実践する。
森からはじまる持続可能な暮らしをデザインし、実践しながら人々に伝えていく。
卒業生インタビュー