森と木のエンジニア科
卒業生の進路

長岡 かや -私は、木のスプーンが大好きです!-

長岡 かや (2007年3月卒業)
長岡 かや

プロフィール

1984年生まれ

2008~ スプーン榧 として活動

 

木のスプーンは使っていて気持ちが良い。食事を美味しくしてくれる。

だから私は、木のスプーンが大好きです。

最初は自分のために作りました。使っているうちに、もっと沢山の人に木のスプーンや木のものを使ってもらいたいと思うようになりました。

生活の中に木のモノがあるって素敵だと思います。毎日使う食事の道具だから、それを使ったり見ていたりする時間がもっと楽しくなるようなモノを使ってもらいたい。


質問1)今の仕事内容について教えてください。

木のスプーンや皿などの食器類や小物、アクセサリーなど日常で使うものを中心に制作しています。

各地の展示会やイベントに出展。

木工講座講師。

その他、ショップやカフェのショーケース、テーブル等の店舗什器の制作など。

木のスプーン

質問2)今の仕事のなかで「キツいな~」と思うことと、やりがい(やっててよかった~)に感じることを教えてください。

体力勝負!肩こりとの闘いです。

小さいものを作ることが多いのですが、大きな材を製材するときやノミや鉋で彫ったり削ったりする作業が続く時などはやはり大変です。

「本当に使いやすい」「これを使って食べているときが幸せ」など、商品を購入後に実際使って頂いたお客様からの言葉が嬉しいです。それが、もっと良いものを作ろうという原動力になります。

バンドソー
質問3)アカデミーに入ったきっかけを教えてください。

美術科の高校で彫刻を学んでいました。作品の素材として『木』を使っていたことから、木について学びたい、木に関わる仕事がしたいと思うようになり入学を決めました。

クラフト

質問4)アカデミーで得た学びは何ですか?

木工、建築、林業、環境教育など幅広く森林や木に関わることを学べたこと。

色々な経歴、幅広い年代の人たちと一緒に学べたこともとても良かったです。

クラフト

質問5)今の仕事をしている中での「モットー」。これからこの道を目指す若者 へのメッセージ

作家ってどうしても自分の作りたいものを作ってしまいます。

相手が欲しいものは何か、使う人に寄り添ったものづくりを志しています。

でも、長く続ける一番大切なことは楽しいこと。

やはり自分の好きなものを作ることが大事。


<連絡先>

スプーン榧

〒502-0841

岐阜市学園町3丁目24番地2

e-mail:spoonkaya@sky.sannet.ne.jp

文字の大きさを変更する
色を変更する