本学について

沿革と理念

岐阜県立森林文化アカデミーの前身は昭和46(1971)年に開校した岐阜県林業短期大学校です。林業後継者と林材業技術者の養成を目的とした2年制の学校で、30年余りの間に600人を超える卒業生が、主に岐阜県内の林業関係の技術者として活躍してきました。

しかし時代の変化とともに、地元からの人材育成に対するニーズは林業技術者のみならず、広く森林の活性化を担うことのできる経営的センス等をもった人材へと変化し、これまでの林業短期大学校の成果を踏まえた新しい教育機関の整備が期待されていました。

そのため、「森林と人との共生」を基本理念として、すべての人々が森林と親しく関わりを持ち、森林からの恵みを持続的に享受できる社会づくりを目指し、全国で初めての森林教育・学習機関として、平成13(2001)年に岐阜県立森林文化アカデミーが開学しました。

 

image-history

 

森林と人との共生を目指して

21世紀に私たちが当面する最大の課題は、地下資源の大量消費に支えられた持続不能な今日の社会を、循環型の社会に移行させていくことだと言われています。

森林文化アカデミーが目指しているのも、自然を代表する「森」と再生可能な「木」の活用を通して、自然の循環と一体になった持続可能な社会を築くこと です。岐阜県は豊かな森林資源に恵まれ、すぐれた「ものづくり(匠)」と「木造建築」の伝統があります。この岐阜県に自由で実践的な高等教育の拠点として 森林文化アカデミーが設立されました。自然と人との新しい関わり方を探り、持続可能な循環型社会の形成に寄与できる人材を育成することが、本アカデミーの 目標になっています。

地域の森林をめぐるさまざまな問題は、国や地方の行政だけでは解決できません。住民を個人として、あるいはボランティアグループや団 体の一員として、問題の解決を目指して学習し、積極的に関わっていく姿勢が求められます。このアカデミーはそうした生涯学習の機会を提供しようとしていま す。地域の森林を活性化し、森の文明、木の文化の再興に情熱を抱く人であれば、年齢を問わず歓迎します。


森林文化アカデミーの理念

地方自治型自由学校

地域の抱える森林・林業の問題を、地域の人たちと一緒になって解決していくことを主眼に、研究と教育を行う学校です。カリキュラムも、既存の学校教育の 枠組みにとらわれないで弾力的に組まれています。そしてここでの教育は、岐阜の地に根ざした取り組みを基点にして全国への発信をめざしています。

実践的なカリキュラム

教育の分野としては、山づくり、環境教育、木造建築、ものづくりなどですが、各分野とも現場で要求される実践的な知識や技能の習得に重点をおいています。地域起こしのための新たなビジネスや「起業」も重要なテーマになっています。

少人数による個別指導

本アカデミーは学生数の少ない小さな学校ですが、教育の面ではその利点を生かして、それぞれの学生の進路と能力に応じた個別指導を軸にしています。教員と学生との対話はもちろん、学生同士の討論も十分に行いますし、フィールド中心の実務教育も少人数だからできるのです。


学校評価について

本アカデミーでは、学校教育法第42条、同施行規則第66条、及び準用規定である学校教育法第133条、同施行規則第189条に基づく学校評価を行なっています。詳しくは、下記をご覧ください。

平成29年度学校評価


岐阜県職員倫理憲章

森林文化アカデミー実行計画(平成30年度)

文字の大きさを変更する
色を変更する