本学について

学長ご挨拶

IMG_0412

岐阜県立森林文化アカデミー学長

涌井 史郎(通称:雅之)

 

ようこそアカデミーへ

日本は「森の国」といってもよいでしょう。国土面積の66%は森林であり、これは諸外国、たとえば中国14%、米国32%等と比較し、きわめて高い比率です。また森林と共にある山村、つまり森林率80%以上の市町村は全国に789あり、市町村全体の4分の1を占めています。ところが戦後の燃料革命や、非木質系資材の普及、外材の輸入等により、日本の林業は縮退傾向をたどる一方であり、過酷な現実に晒され、取り分け脆弱な地域、山村の苦悩は深まる一方です。

 

その一方、地球環境の未来を考えると、森林の多目的な公益的機能、とりわけ森林を健康な状態に維持増進する意味と意義は、自然と人の暮らしのより良い相互関係を構築する上で、極めて重要です。2015年末世界196ヶ国が参加しパリで開催された、COP-21において、京都議定書の次の枠組みに於いても、健全な森林の存在こそが最も有効な二酸化炭素の吸収源と位置付けられています。常に更新された健康な森林が、地球温暖化への処方である二酸化炭素の吸収に果たす役割が極めて大きいからです。そうした意味でも、県下揖斐川町で2015年10月11日に開催された全国育樹祭において、前例のない形で皇太子殿下御自ら択伐の所作をされたことは、近い将来に対し、大きな方向を示唆頂けるまことに意義深い出来事と申せましょう。

 

岐阜県は、日本で2番目の森林率を誇り、県内土地面積の81%を超える山村を抱えています。そうした県土の特性と、これまで述べた観点から、森林の多目的公益性、その存在効用と利用効用の両面にわたり、研究・教育・実践を行おうとするのが本学の狙いです。森林から山村、そして里山から都市に至るまでの人々と森林の関わり、森林と林業家の双方にとり安全であり健全、そして合理的な経営への技術・技能と経済学的な視点、木質系資材とその利活用のためのデザインなど、林業の複合的要因を、山元から加工・流通、そして利活用に至るまで網羅的でありながら体系的知識と実践が学べるキャンパスといってよいでしょう。美しい森林に囲まれた歴史と伝統あふれる美濃のまちのそば近く、それも30haに及ぶ演習林もキャンパスで、少数精鋭、しかも教員とほぼ1対1で森林・林業の課題と各々の未来を語りつつ、体系的に同じ目的を持った学生と共に、専門職大学院レベルから技術専修に至るまでを一貫して学べる我が国唯一の学び舎です。

 

さらに、地球環境の持続的未来を担保する重要な要因が森林であるとの認識を共有する、ドイツ・ロッテンブルク林業大学との交流が3年目となり、日独森林シンポジウムが交互に開催されています。もとより学生も積極的に参加し、双方の往来が本格化しています。皇族殿下から世界各国、そして国内からも引きも切らない来訪者を数える本学の教育とその成果を、皆さんと共に未来、そして我国のみならず世界に発信していこうではありませんか。

 


経歴

1945年神奈川県鎌倉市生まれ。

東京農業大学に学んだ後、東急グループに1972年造園会社を設立。代表取締役就任。

2000年に桐蔭横浜大学・教授・先端医用工学センター長就任。

2003年 日本国際博覧会(愛・地球博)会場演出総合プロデューサー就任。

2006年 桐蔭横浜大学特任教授兼務のまま東京農業大学客員教授。

2007年 中部大学・教授、現中部学術高等研究所客員教授。

2009年 桐蔭横浜大学退任。同年東京都市大学・教授就任。

2013年 第39回全国育樹祭総合アドバイザー就任。

2016年 東京都市大学特別教授就任。

(公財)とうきゅう環境浄化財団理事、(公社)国際観光施設協会副会長、(一社)日本公園緑地協会副会長を務める傍ら、国、地方公共団体の各種委員会委員、委員長等を務める。

文字の大きさを変更する
色を変更する