本学について

学長ご挨拶

2020学長プロフィール用

 

岐阜県立森林文化アカデミー学長

涌井 史郎(通称:雅之)

 

 

ようこそアカデミーへ

日本は「森の国」といってもよいでしょう。国土面積の66%は森林であり、これは諸外国、たとえば中国14%、米国32%等と比較し、きわめて高い比率です。また森林と共にある山村、つまり森林率80%以上の市町村は全国に789あり、市町村全体の4分の1を占めています。ところが戦後の燃料革命や、非木質系資材の普及、外材の輸入等により、日本の林業は縮退傾向をたどる一方であり、過酷な現実に晒され、取り分け脆弱な地域、山村の苦悩は深まる一方です。

 

その一方、地球環境の未来を考えると、森林の多目的な公益的機能、とりわけ森林を健康な状態に維持増進する意味と意義は、自然と人の暮らしのより良い相互関係を構築する上で、極めて重要です。2015年末世界196ヶ国が参加しパリで開催された、COP-21において、京都議定書の次の枠組みに於いても、健全な森林の存在こそが最も有効な二酸化炭素の吸収源と位置付けられています。常に更新された健康な森林が、地球温暖化への処方である二酸化炭素の吸収に果たす役割が極めて大きいからです。そうした意味でも、県下揖斐川町で2015年10月11日に開催された全国育樹祭において、前例のない形で皇太子殿下御自ら択伐の所作をされたことは、近い将来に対し、大きな方向を示唆頂けるまことに意義深い出来事と申せましょう。

 

岐阜県は、日本で2番目の森林率を誇り、県内土地面積の81%を超える山村を抱えています。そうした県土の特性と、これまで述べた観点から、森林の多目的公益性、その存在効用と利用効用の両面にわたり、研究・教育・実践を行おうとするのが本学の狙いです。森林から山村、そして里山から都市に至るまでの人々と森林の関わり、森林と林業家の双方にとり安全であり健全、そして合理的な経営への技術・技能と経済学的な視点、木質系資材とその利活用のためのデザインなど、林業の複合的要因を、山元から加工・流通、そして利活用に至るまで網羅的でありながら体系的知識と実践が学べるキャンパスといってよいでしょう。美しい森林に囲まれた歴史と伝統あふれる美濃のまちのそば近く、それも30haに及ぶ演習林もキャンパスで、少数精鋭、しかも教員とほぼ1対1で森林・林業の課題と各々の未来を語りつつ、体系的に同じ目的を持った学生と共に、専門職大学院レベルから技術専修に至るまでを一貫して学べる我が国唯一の学び舎です。

 

さらに、地球環境の持続的未来を担保する重要な要因が森林であるとの認識を共有する、ドイツ・ロッテンブルク林業大学との交流が3年目となり、日独森林シンポジウムが交互に開催されています。もとより学生も積極的に参加し、双方の往来が本格化しています。皇族殿下から世界各国、そして国内からも引きも切らない来訪者を数える本学の教育とその成果を、皆さんと共に未来、そして我国のみならず世界に発信していこうではありませんか。

 


経歴

1945年神奈川県鎌倉市生まれ。

東京農業大学に学んだ後、東急グループに1972年造園会社を設立。代表取締役就任。

2000年に桐蔭横浜大学・教授・先端医用工学センター長就任。

2003年 日本国際博覧会(愛・地球博)会場演出総合プロデューサー就任。

2006年 桐蔭横浜大学特任教授兼務のまま東京農業大学客員教授。

2007年 中部大学・教授、現中部学術高等研究所客員教授。

2009年 桐蔭横浜大学退任。同年東京都市大学・教授就任。

2013年 第39回全国育樹祭総合アドバイザー就任。

2016年 東京都市大学特別教授就任。

(公財)とうきゅう環境浄化財団理事、(公社)国際観光施設協会副会長、(一社)日本公園緑地協会副会長を務める傍ら、国、地方公共団体の各種委員会委員、委員長等を務める。


涌井史郎学長から新入生の皆様へ

令和4年度 岐阜県立森林文化アカデミー入学式 学長式辞

 

 諸君ご入学おめでとう。本学は本日、森と木のクリエーター科23名、森と木のエンジニア科24名、計47名を新入生として迎えることとなりました。私はじめ教職員一同心から諸君を迎えることを喜び、かつ今日の良き日をお祝い致します。

 一昨年の2月以降、100年前のスペイン風邪以来のパンデミックとの闘いが未だ続いています。本日の入学式も、通常はこの式場に、本学を支援して頂いている岐阜県関係者、地元美濃市など県下の本学との協定を締結して頂いている多くの自治体、奨学金給付を計らっていただいている金融機関や個人の篤志家、そして本学を事務局とする林業・林産業を構成する山元、林産物加工業、工務店など上・中・下流が一体となった林業・林産業振興のための「岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアム」の方々等が一堂に会し、賑々しく諸君の入学をお祝い頂くのでありますが、感染防止の観点からご遠慮を頂き、列席者の数も絞らせて頂くというやや寂しい式典となっております。諸君の事を思えばまことに残念であります。

 しかし、本日の式典にご同席頂かなくとも、諸君の周囲には、今ご紹介をした多くの方々が、今日より始まる諸君の学びに対し、応援し、期待し、共に岐阜県に留まらず日本そして世界の森林・林業の発展に寄与する同志として育っていただきたいとの希望を持たれていることを忘れないでください。諸君も又在学の2年間にこうした方々とまみえる機会が必ずあると思いますので、諸君の未来を共にしようとしていただいているそうした応援者の皆様の事を常に意識しておいていただきたいと思います。

 さて、再びコロナウイルス拡大のパンデミックの話題に戻しましょう。何故ならばこのパンデミックは、諸君の今後の人生に大きな影響をもたらすという確信があるからです。諸君。諸君らは決してこのウイルスとの戦いを、ただ厄介な伝染病の世界的拡散と自分が感染するかしないかといった安易な見方に捕らわれてはいけません。このパンデミックは必ず人類史の中で大きな文明の転換をもたらす契機になるであろうと確信するからです。さらに言えば、諸君が本学に学ぶ意義と、このパンデミックの関係を諸君なりに深く考えてみてください。そこから改めて諸君が本学に学ぶ新たな意義を見出す事になるかもしれません。

 このパンデミックを深く考えるために、世界史を振り返ってみましょう。如何にパンデミックが、世界の歴史の転換に大きな役割を果たしたのかを検証するために。13世紀、西に西にと勢力を拡大したモンゴル帝国は、遂に一時期、ハンガリーなどの東欧諸国にまで支配を拡大しました。そのモンゴル軍は、自らは自己免疫を獲得したペスト菌をクリミア半島経由で欧州に拡散させたのです。その結果、当時の欧州の人口の3割を上回る人々が死に至りました。黒死病と言わしめるほどの恐怖をもたらしたのです。ご存じのように欧州の中世はキリスト教会支配の秩序の歴史と言われています。しかし結果として、このペストによるパンデミックが教会支配の中世封建社会を崩壊させ、北ヨーロッパではプロテスタントの台頭を促し、南に於いては、神に運命を委ねるばかりではなく、真理に迫る科学や伸び伸びとした芸術を伴なったルネッサンスを誕生させました。つまり文明は、中世から近世に大転換をしたのです。

 その近世もまた、大航海時代を経た19世紀半ば、新たなパンデミックに原因して近代に文明の衣替えをしたのです。東インド会社等急速な東西貿易が拡大するに及び、インドを起源とするコレラが欧州ばかりではなく、黒船来航を機に日本にも流行し、多くの人々を死に至らしめました。当時は産業革命の勃興期。これらは不潔で周密な環境に生活をしていた農村出身の都市労働者を直撃しました。そうした階層の罹患は働き手を失う事に通じ、労働者階級という社会階層の存在を認め、公衆衛生学という科学分野と、防疫という観点から下水道の整備などが進み、産業革命のインフラとしての都市計画という概念をもたらしました。その後今から100年前の第一次世界大戦後、参戦した兵士が運んだスペイン風邪の流行が歴史を変えたことも又記憶に新しいところです。

 我々自然科学を基礎に学ぶ者たちであればこそ、更に高みに立って世界を俯瞰すれば、今なぜコロナウイルスに我々が苦しんでいるのかを自問自答することも又大切でしょう。それはプラネタリー・バウンダリー。つまり地球の環境容量に、これ以上人類が無関心でそのバウンダリーに近づくならば人類の持続的未来が失われるという、厳しい人間への自然からの問いかけ、警告と受け止めるべきなのではないでしょうか。それは、自然と共生しなければ生存できない人類への最後の警告であると受け止めるべきでしょう。我々人間は、凡そ1億種存在する生物のたった1種でしかないのです。その人間が無頓着に地球の生命圏、生態系システムに大きな負荷をかけ、食欲と言うつまらぬ貪欲さを原因に、自然の奥深いところに静かに存在していたウイルスを引きずり出した結果がこのパンデミックであることを理解すべきです。

 その様に考えれば、闘いの対象はウイルスではなく、何と我々自身との戦いというべきなのかもしれません。そこで我々はNbS。つまり先ず地球の生命圏の容量の限界を知り、それを構成する生態系のメカニズムを尊重し、如何に自然界の一部としての人類という自覚を再認識し、自然との共生の世界を再構築するのかが問われていると考えるべきでしょう。

 諸君を含めた我々本学に集う者達は、森という自然の基礎を対象に、自然科学を活用し、知見を磨き、技術そして技能を学ぶ同志です。故に、率先垂範して地球という命の星の上に、人々が永遠に生き続けられる。つまり持続的未来を担保できるよう森という現場で闘う、重要な役割を担う者であり、時にそれを説く者であらねばなりません。植物という生態系の基盤、その最大化されたランドスケープである森と共に人々が生き、幸せを獲得する為に、最前線から持続的未来の為に行動・実践し、時には先導せねばならないのです。

 グローバルに見れば、CO2の吸収源として、或いは真水の供給源として、ローカルな観点からは農業やモノづくりにおいて条件不利地といわれている中山間地にありながら、生態系の基盤を維持し、多面的な環境便益を供給しつつ、地域創生の大きな可能性を秘めた森林資源を如何に経済化するのかについて、まさに今日から学びが始まります。

  さて、本学は、2001年4月、「森林と人との共生」を基本理念とした自治自由学校として林業短期大学校を再編し、全国唯一の森林を主題とした専修学校として開学しました。以来20年、森や木とゆかりを深め、それを職能として専従する価値ある人材を多く社会に輩出しています。昨年度は開学20周年を、在学生やOB/OGを含め祝うことが出来ました。

  先に述べたように、我国は、国土面積の67%を森林が占めています。まさに「森の国」であり、その中でもここ岐阜県は県土面積の81%を森林が占める全国2位の森林県です。しかしながら本県を含め、我が国の森林が、今日目にする蓄積量を持つに至ったのは僅か数十年の歴史でしかありません。実に新しい姿なのです。歴史的に人口が増加するに連れ、供給量をはるかに上回る森林資源の消費が常にあり、江戸時代中期から日本全国が禿山と化す状態となりました。その状況を嘆かれた昭和天皇が御自ら先頭に立たれ、凡そ60年程前から国を挙げて懸命に造林に努力した結果が今に見る森の国としての成果です。

 森林と共に生きる山村、つまり林野率80%以上の市町村は全国に350も存在し、我国市町村全体の5分の1を占めるに至っています。また、資源と言う観点に立てば、その蓄積量は、過去50年間で2.8倍、人工林では約6倍に達する成果を生んでいます。

  しかし皮肉なことに、そうした先人の汗と知恵の努力が歴史に刻まれながら、その成果である森林・山村が、現在では極めて困難な状況に陥っています。

 グローバリゼーションの中で、多目的な公益性を有する森林を、単一の評価、例えば材木の価格としてのみ評価する時代が続き、結果として外国産材との価格競争に晒され、競争力を失った結果、我が国で唯一自給可能な資源でありながら不当な評価を受ける時代が続いたのです。その結果、我が国の森林と、それを支える山村が逆境に喘ぐ状況に貶められています。森林を守り育て、材を搬出することにより暮らしの糧を得てきた山村、それを支えた森と生きる人々や歴史に培われた伝統文化の知恵が消滅し、森林を健全に維持し、安全に合理的・経済的に伐採・搬出、育樹するための技能や技術等、森林とそれを擁する地域の双方が今まさに危機に瀕しています。

  先にも申し上げた通り、森林空間は、商品取引の対象としての木材資源を生み出す価値にも大きな意味がありますが、グリーンインフラとして国土保全機能を果たすばかりか、地球温暖化を抑制する二酸化炭素の重要な吸収源であり、生物多様性の保続を図る空間など多面的な公益的機能を果たす極めて重要な空間です。またその優れた景観は多くの人々にやすらぎを提供し、日々のテクノストレスからの解放や癒しをもたらし、公衆衛生にも寄与するとともに大きな観光資源ともなっているのです。

 それは、持続可能な未来を目標化した2015年のサミットの国際合意SDGsの17の個別目標の中でも、健全な森林とそれを支える山村社会が元気であることが極めて重要であると謳われています。

 諸君らはこうした機能を保続させ、さらに拡大するためにも、様々な森林に関係する多様な職能を磨き、まずは林業を経営的に魅力あるものとし、次いでありとあらゆる知恵を動員し、新たな森林や森林資源の魅力を深めてください。

   以上の意味から、森と木のクリエーター科と森と木のエンジニア科の2学科それぞれで学ぶ2年間は、諸君自身の自己実現の為ばかりではなく、多くの課題を抱えた世界そして言うまでもなく我国の森林・林業の現場にとり、極めて高い意味と価値があるという自覚を改めて深めて頂きたいと思います。

 こうした学びの過程に於いて、時には力尽きそうな時があるかもしれません。そうした時には、先ず諸君が自身に問いかけてください。人というものは自分が存在する価値に加えて、誰かの為に存在するという価値を糧に生きることが出来る唯一無二の存在です。諸君が本学を選んだという瞬間から、今この入学式を経て卒業に至るまで、くじけそうになった時には、そうした選択を決心した自分の価値を問い直し、自分を褒め、時に諸君の傍らの教職員、そして、同期・同窓の仲間に頼って下さい。誰しもが、様々な悩みと共に人生を過ごしているのです。今日の初心を忘れず、一人にならず、先ずは自分の心を開いてみてください。自分が心を開けば、必ず他者も自分に心を開くものです。我々教職員は、諸君が最善の航路を選択できるよう努力を惜しまぬことをこの式典に於いて列席者皆様の前で誓います。

 本学における2年間は必ずや、諸君の自己実現と共に、諸君の明日を照らすに相応しい意味ある2年となりましょう。

  幸いにして、更に高みを目指す学生には、ドイツのロッテンブルク林業大学との交流協定があります。ドイツに出向き、学ぶ機会も用意されています。現に諸君の先輩は、このパンデミックの中、ロッテンブルク林業大学を拠点に、高い評価を得ながら勉学に勤しんでいます。

 また、本学の教育基本理念は、学長の私が主動した「現地現物主義」を基本としています。百の理屈よりも現地や現物に触れることこそが真の学びとなるという、私の人生経験からもたらされた理念です。

 その為に、都市と森林の繋がりを幼児の時代から身近に感じて貰う「ぎふ木遊館」が岐阜市内にあり、それと呼応する形で本学の構内にドイツで言う森の家・ハウスデスバルデスをモデルにした森林総合教育センター「モリノス」が開設されています。諸君は人々が森の大切さに気付き、森を楽しみ、遊びの中からの多くの気づきから、森林をキャンパスとして感じ、楽しみながら学ぶ有様を共にすることが可能です。そこに集う市民や子供たちとの出会いを通じ、諸君自身もまた成長を遂げる事が出来ると信じています。

 このような様々な現場と機会を利活用し、森林の維持管理に対する企画力、創造力を養い、林業、森林環境教育、木造建築、木工の指導者となるために、自己実現と符合した解をこの2年間の中で見出す道筋が、日本で最も用意されているのが本学です。その恵まれた学習機会を十分に利活用して欲しいものと願っています。また諸君に対しては、インターンシップの受け皿となり、生きた現場の最新の情報を提供し、多くの卒業生を受け入れて下さっている多くの事業者が居られます。取り分け森林・林業に関わる産業界が上下流一丸となり、価値ある経済活動を実践している「岐阜県森林技術開発・普及コンソーシアム」が多いに諸君を支援してくださることでしょう。これら多様な本学のネットワークやチャレンジングな機会を、諸君は積極的に利活用し、多様な学びの分野から2年後には各々の自己実現の方向を見出してください。

 諸君が日々前向きになれるよう、また諸君をより望ましい方向に導けるよう、我々教職員もまた、諸君と一体となり、進化を遂げていく所存です。

 今日より改めて諸君という新たな同志を加え、持続的未来を支えるに相応しい健全な森の力があってこそ、様々な心や物を涵養する森林が健康で健全であるよう、一緒に努力を致しましょう。そして自然とのバランスを欠いた歴史からの反逆、新型コロナウイルスなどが我々に襲い掛かかってもそれを振り払い、その上で人々が自然の一員として自然から見た反逆者にならぬよう自然と共生しつつ、持続性と人々のウエルビーングな暮らしを担保できる新たな文明像を追い求めましょう。そうした志を共有できる2年間であり続けられるようお互いに努力をしましょう。

 ともあれ諸君。諸君らを迎えた喜びをお伝えすると共に、改めてご入学おめでとうと申し上げます。

 

 

    令和4年4月6日

   岐阜県立森林文化アカデミー

    学長 涌井 史郎