海外連携

日独林業シンポジウム2017を開催

アイキャッチ(シンポジウム)

2017年11月7日(火)、岐阜グランドホテル(岐阜市長良)にて「日独林業シンポジウム2017」を開催します。

岐阜県立森林文化アカデミー(以下、アカデミー)は、2014年にドイツ・ロッテンブルク林業大学との間で連携の覚書を締結し、教員や学生同士のさまざまな交流、研究活動などを行ってきました。2016年には、ロッテンブルク林業大学にて「第1回日独林業シンポジウム2016」が開催されました。

今回、日本とドイツの森林・林業分野における人的・学術的な交流の充実、さらにはビジネスチャンス拡大に繋がる林業・木材産業関連企業等との連携を深めることにより、日独両国における持続可能な豊かな森林づくりの機運を高めるため、「日独林業シンポジウム2017」を開催します。

内容の詳細は以下のチラシへのリンクからご確認ください。

日独林業シンポチラシ
日独林業シンポジウム2017参加者募集チラシ(PDF:2.3MB)


★シンポジウム翌日より(11月8日~9日)、特別セミナー(分科会)を森林文化アカデミーにて実施しますので、あわせてご確認ください。


シンポジウムの概要については以下のとおりです。

■日 付:2017年11月7日(火)
■時 間:10:00~16:30(開場:9:30)
■入場料:無料
■定 員:300名(先着順)

■内 容:〇午前の部
特別講演
「木のいのち 木のこころ」 (宮大工 小川三夫氏)

     〇午後の部
学術講演
「日本の森林・林業政策と求められる人材育成について」
  (赤堀聡之 林野庁森林技術総合研修所長)
「ドイツにおける人材育成の成果と今後の展望」
  (Bastian Kaiser ロッテンブルク林業大学長)
「林業工学教育・研究者の視点からの人材育成」
  (澤口勇雄 岩手大学教授)
「九州における林業・木材産業の展開と技術者養成」
  (寺岡行雄 鹿児島大学教授)
日独トークセッション
「林業・木材産業を担う人材に求める姿と我々の使命」
 (涌井史郎 アカデミー学長、
  岡田贊三 飛騨産業(株)代表取締役社長、
  Bastian Kaiser ロッテンブルク林業大学長)


参加を希望される方は、10月16日(月)までに以下の宛先へ、FAXまたは電子メールにてお申し込みください。

FAXの場合
チラシ裏面(2ページ目)の「FAXお申し込みフォーム」に必要事項を記入のうえ、以下の宛先へご送信ください。
申込フォームに内容が書ききれない場合、フォームにある必要事項を記入した用紙(様式不問)を以下の宛先へご送信ください。

電子メールの場合
申込み代表者氏名・所属・連絡先電話番号、参加人数・参加者全員の氏名、昼食準備の要・不要を明記のうえ、以下の宛先へ送信ください。なお、電子メールのタイトルは「日独林業シンポジウム申込」としてください。

昼食はホテルレストランや周辺の飲食店が利用できるほか、事前申込制にてお弁当(1,300円を現地徴収)を準備いたします。あわせてお申込みください。なお、お弁当は事前に申し込みいただいた数しか用意しません。もし、お申し込み後にお弁当が不要になった際は、必ず11月1日(水)までにご連絡ください。

申し込み・お問い合わせ先
岐阜県立森林文化アカデミー 森林技術開発・支援センター 産学官連携係
〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地
TEL:0575-35-2535
FAX:0575-35-2529
メール:c21907@pref.gifu.lg.jp