イベント
開催日:2020年09月19日 (土)

グリーンウッドワーク指導者養成講座2020(満員御礼)

みなさん、お待たせしました。たくさんのお問い合わせをいただいていた「グリーンウッドワーク指導者養成講座」、2年ぶりの開催です。全国的に広がり、盛り上がりを見せるグリーンウッドワーク。全10日間の講座を通じて、道具の使い方や手入れの仕方、森の見方や材料の選び方、作品の作り方などを総合的に学びます。グリーンウッドワークを自分で楽しむだけでなく、地域の人にもっと広めたい!仕事や活動に採り入れたい!と思う方に、ぜひご参加いただきたい講座です。本日より6/26(金)までお申し込みを受け付け、選考の上、7/1(水)までに受講者を決定します。

グリーンウッドワーク指導者養成講座風景

●スケジュール
全10日間ですが、遠方からもお越しいただきやすいよう、4回にまとめました。全日程に参加できる方を優先します。

9/19(土)〜21(月・祝)
グリーンウッドワークの基本(ナイフワークで箸作り)
スプーンを作る
森を見る・材料を選ぶ

10/31(土)〜11/1(日)
我谷盆を作る
刃物を研ぐ

1/9(土)〜11(月・祝)
椅子を作る(前半)

2/6(土)〜7(日)
椅子を作る(後半)

いずれも初日は10:00〜17:00、翌日からは9:00〜17:00を予定しています。

 

●講師
今年は外部からも講師をお招きして開催します。

森口信一さん(我谷盆を作る)
京都府長岡京市在住。かつて石川県の我谷村でクリの生木から作られていた「我谷盆(わがたぼん)」を復興し、作り続ける第一人者。
森口信一さん

福畑慎吾さん(スプーンを作る)
大阪府能勢町在住。アウトドアグッズ販売のアンプラージュ・インターナショナルの横浜店・鎌倉店・京都店でグリーンウッドワークの講師を務める。
福畑慎吾さん

山路今日子さん(グリーンウッドワークの基本、椅子を作る)
岐阜県美濃加茂市在住。可茂森林組合に勤務しグリーンウッドワークの講座等を担当。書籍『グリーンウッドワーク』雑誌『ドゥーパ』モデルを務める。
山路今日子さん

柳沢直(森を見る・材料を選ぶ)
岐阜県立森林文化アカデミー教授。森林生態学が専門。
柳沢直さん

久津輪雅(グリーンウッドワークの基本、刃物を研ぐ、椅子を作る)
岐阜県立森林文化アカデミー教授。木工が専門。久津輪 雅

加藤慎輔(全体運営)
愛知県名古屋市在住。大同大学プロダクトデザイン専攻技術員。グリーンウッドワーク研究所代表。加藤慎輔さん

 

●受講料
1日あたり8,000円。
全日程(10日間)参加される方にはテキスト『グリーンウッドワーク』(学研プラス刊)を差し上げます。既にお持ちの方は、書籍代金分を割り引きます。

 

●定員
各回とも10人ずつ。

 

●会場
岐阜県立森林文化アカデミー・森の工房
501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地

 

●宿泊等
森林文化アカデミーの宿泊施設(コテージ)をご利用いただけます。(1回ご利用あたり、シーツ代1000円がかかります)

 

●お申込み
以下の入力フォームよりお申込みください。
受講ご希望の動機や、受講後にグリーンウッドワークを生かしてどんな活動をしてみたいか、お書きいただく欄を設けました。
グリーンウッドワークの普及に携わっていただけそうな方を選考させていただきます。

 

●受講者の決定まで
募集開始 6月3日(水)
募集締切 6月26日(金)
受講者決定 7月1日(水)(ご本人にメールでご連絡します)

 

●注意事項
新型コロナウィルスの感染状況により、講座を延期または中止する場合があります。あらかじめご了承ください。

 

●過去の参加者の声

その①
その②

 


文字の大きさを変更する
色を変更する