イベント
開催日:2018年10月27日 (土)

「木の家のメンテナンス講座」住まいを美しく変化させる”洗い”

申込締切を過ぎましたので、募集を終了いたしました。ご了承ください。【10月2日】

あなたの住まいは「木」ですか?

現在「木の家」は日本に約3011 万戸あり住宅全体の57.8%を占めています。つまり半分以上の住まいが「木」からつくられています。
人間は大昔から、世界中どこでも、自分の近くにある材料で住まいをつくってきました。日本は世界有数の森林国であり、「木」はわたしたちに最も馴染み深い建築材料です。さらに高温多湿で地震大国でもある日本では、高度に大工技術が発達し、数々の自然条件をクリアして、手入れしながら100年以上も生活空間を維持することのできる建築術が確立されました。それは時間に伴う変化を拒まず、美しく経年変化させるという考え方の上に成り立っています。

しかしいま日々の暮らしに追われるわたしたちにとって、住まいのメンテナンスは”負担”と考えられています。
「金銭的にも、時間と手間も、メンテなんて面倒なだけ!」
でもほんとうは、木の家を手入れするのは楽しいことなのです。

無垢の木で出来た家は、木の性質を理解することで「美しく経年変化させるお手入れ」ができます。
では美しい変化とは、どんな変化をいうのでしょうか?
この機会に、ご自分の住まいを、楽しく美しくメンテナンスする方法を学びませんか?

森林文化アカデミーで木造建築・古民家再生・美術を教える松井匠講師が、木の家の手入れを講義と実習で伝授します。
涼しい秋の午後に、アカデミー内の自力建設内で、木の性質とメンテナンス方法の講義と、実際に体を動かしての「洗い」を行います。

 

日時: 2018年10月27日(土)
13:00 受付開始
13:15 講義1:木の家の経年変化
14:00 講義2:木の家のメンテナンス実習(洗い)
15:30 講義3:まとめ
16:00 閉講

持ち物: 特になし。雑巾がけやワックスがけなど、メンテナンスの実習を行いますので、汚れてもいい服装と靴でお越しください。

定員: 4名

対象: 高校生以上の方

参加費: 保険料250〜330円程度

締め切り: 2018年10月1日
※小雨決行。大雨などの荒天時は開催の有無を直接ご連絡いたします。

お申し込みは下記からどうぞ。
「木の家のメンテナンス講座」お申込みフォーム  ※募集終了となりました。

 


文字の大きさを変更する
色を変更する