イベント
開催日:2017年10月07日 (土)

さじフェス Sajifest 2017 開催します!

さじフェスとは、木を伐り、斧で割り、ナイフで削ってスプーンや杓子を作ることを楽しむ、日本で初めての祭典です!
いま海外では、生木を削ってスプーンを作るのが大ブームです。アメリカではGreenwood Fest、イギリスではSpoonfest、スウェーデンではTäljfestなど、いずれのイベントも参加者たちが伐ったばかりの丸太を割り、オノではつり、ノミやナイフで削ってスプーンを作ります。まるで音楽フェスのように、たくさんの人が会場に集い、木を削ることを楽しんでいます。

日本でも昔から、ご飯や汁物をよそうのに木杓子を使ってきました。今は木のスプーンが人気で、さまざまな作家のスプーンが箸とともに食卓に並びます。そこで日本でもスプーンを削ることを楽しみ、そして世界へも発信しようと、このイベントを企画しました。名付けてさじフェスです。

さじフェスでは、スウェーデンからグリーンウッドワーク(生木の木工)のスプーンづくりの第一人者、ヨゲ・スンクヴィストさんを招き、ナイフの使い方やスプーンの削り方をじっくり学びます。
2日目は日本から、長野県松本市の大久保公太郎さん、岐阜県中津川市の金城貴史さん、岐阜県高山市の奥井京介さんを招き、日本のカンナや小刀を使うスプーンや木杓子づくりを実演していただきます。この3人はいずれも機械をほとんど用いず、サンドペーパーでも磨かず、刃物で削って美しく仕上げる、スプーンや木杓子づくりの達人たちです。
3日目は、ヨゲ・スンクヴィストさんの指導で、スプーン用のナイフを使いながら生木からスプーンを作ります。

3日間にわたる木の匙と杓子の祭典、どうぞお楽しみください!

 

さじフェス Sajifest 2017  〜木の匙と杓子の祭典〜

日時:2017年10月7日(土)〜9日(祝)

場所:岐阜県立森林文化アカデミー・森の情報センター

主催:グリーンウッドワーク研究所、岐阜県立森林文化アカデミー

講師:ヨゲ・スンクヴィスト(スウェーデン)
大久保公太郎(長野県松本市)
金城貴史(岐阜県中津川市)
奥井京介(岐阜県高山市)

 

チケットは8月26日(土)12:00より、特設ウェブサイトで販売開始します。

 

▼2017/10/07(土)
1日目
​料金:3,000円  定員:50名

ヨゲ・スンクヴィストさん 講演「スウェーデンの木工芸について」
​ヨゲ・スンクヴィストさん 生木のスプーンづくり実演

▼2017/10/08(日)
2日目
​料金:3,000円  定員:50名
大久保公太郎さん スプーン、料理ベラづくり実演
金城貴史さん スプーンづくり実演
奥井京介さん 有道杓子づくり実演

▼2017/10/09(祝)
3日目
​料金:10,000円  定員:40名

スウェーデン・モーラナイフの使い方講座
みんなでスプーン削り(指導:ヨゲ・スンクヴィストさん)
10/9の「みんなでスプーン削り」では、
モーラのウッドカービングナイフ106(2,916円)とウッドカービングナイフ162(3,780円)を使用します。
使用したナイフはお持ち帰りいただけます。


文字の大きさを変更する
色を変更する