イベント
開催日:2017年11月18日 (土)

大阪自然史フェスティバル2017(11月18日と19日)に出展します

大阪市立自然史博物館で開催される「大阪自然史フェスティバル2017」では,大阪周辺の自然関連のサークルや地域の自然保護団体が一堂に会して出展する文化祭です。この催しにアカデミーもブースを出展します。

アカデミーからは,本学の教員や学生,卒業生などが地域で取り組んでいる里山の利用や保全に関する取り組みをいくつか紹介します。

アカデミーで実施している「里山景観マイスター」養成講座の風景。樹林化した湿地をもとに戻すべく,伐採作業を行っている様子。

和傘のろくろに使用するためのエゴノキを循環利用するための「エゴノキ・プロジェクト」の風景。和傘職人や地域の人と一緒に取り組んでいる。萌芽更新しているエゴノキを伐採・採取している様子

教員は津田先生柳沢先生が参加します。アカデミーに興味を持っている方は,この機会にこれらの教員に相談していただくことも可能です。様々な方の参加をお待ちしています。


○期 間
平成29年11月18日(土)、11月19日(日)

○会 場
大阪市立自然史博物館 本館および博物館玄関前ポーチ、ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)

○入 場 料
無料
※平成29年11月18日(土)・11月19日(日)ともに「関西文化の日」のため、博物館本館入館料も無料となります。

○開催時間
9時30分から16時30分(ただし両日とも入館は16時まで)

○開催内容
◆ブース展示(両日とも開催)
本館・ネイチャーホール・ポーチなどで、出展団体による活動紹介や標本などの展示、自然をテーマとした参加体験型の工作・ゲームコーナーなど。水槽での生き物展示もあります。

◆ワークショップ(両日とも開催)
様々な自然観察・自然保護教育プログラムを実施します。受付は当日会場で行います。

◆世界の双眼鏡・望遠鏡が勢揃い(両日とも開催)
コーワ、ニコン、ケンコー、ツァイスなど、各社の双眼鏡・望遠鏡が勢揃いします。
場所:自然史博物館 玄関前ポーチ


「大阪自然史フェスティバル2017」に関するお問い合わせは,大阪市立自然史博物館(06-6697-6221)へお願いします。アカデミーの出展に関しては,

岐阜県立森林文化アカデミー E-mail: info@forest.ac.jp
または TEL 0575-35-2525 までお願いいたします。


文字の大きさを変更する
色を変更する