イベント
開催日:2016年09月22日 (木)

森と木のワークショップ in 名古屋(木造建築分野)

森林文化アカデミーでは今年度、森と木に関わるさまざまな現状や課題を知ってもらい、この分野への進学や就業の参考にしてもらうための「森と木のワークショップ」を開催しています。いわば森林文化アカデミーの「公開出前授業」です。

9月22日(祝・木)は木造建築がテーマ。講師は小原 勝彦・准教授です。小原 勝彦准教授は、最新の木造建築の構造(耐震性など)に関する実験・技術開発・技術支援や、建築実務者向けの専門技術者研修など実施しています。また、建築実務者向けだけではなく子どもたちや一般の方向けの「住育」の実施など、岐阜を中心に草莽崛起(そうもうくっき)な活動を行っています。

当日は、CLT(直交集成板)について学び、モデルハウスの見学をします。また、今どのような木造建築の仕事が求められているのか、森林文化アカデミーの卒業生たちの活動も紹介しながらお話します。

会場は、名古屋市守山区にある「モデルハウス『手しごとの家』(阿部建設)」です。この建物で使用している耐力壁は森林文化アカデミーで開発したものであり、JAS認定CLT材を利用して軸組構法耐力壁の壁倍率の大臣認定を取得した日本で初めて(2016年4月取得)のものになります。

大学や専門学校などで建築を学んでいる方、建築の実務をしている方、木造建築の設計(意匠・構造など)への就業をお考えの方(特に、森林文化アカデミーで学びたいと考えている方)を中心に、多くの方のご参加をお待ちしています。

小原 勝彦 准教授

会場

〇日  時 平成28年9月22日(祝・木)10:30~12:00(10:00~会場受付)

〇場  所 新木質建材『CLT(シーエルティー)』利用の新工法モデルハウス
『手しごとの家』(阿部建設(株))

〒463-0023 愛知県名古屋市守山区今尻町1803 大森エコタウン内
TEL:052-798-3187  名鉄瀬戸線 印場駅から徒歩20分

〇定  員 数名程度(先着順)

〇参加料 無料

〇申込み 9月19日(月)までに下記フォームより申し込みください。


文字の大きさを変更する
色を変更する