イベント
開催日:2019年04月12日 (金)

ドイツ・韓国 国際連携報告会(木造建築専攻)

この度、森林文化アカデミーでは、木造建築専攻で行われた海外連携の報告会を実施します。

日時:4月12日(金曜日)16:00〜17:10ごろ
15:50〜 受付
16:00〜 報告会1「ドイツ・ロッテンブルク林業大学との国際連携の報告」

ドイツBW州ロッテンブルク林業大学と森林文化アカデミーは、木造建築分野でも様々な交流を行っています。
両国は互いに異なる環境・思想の上に木造建築が発展しており、専門分野同士が深く関わっていくことで、両国にとって価値ある新しい木造建築と教育のビジョンをつくろうとしています。
今回、2名のアカデミー学生と1名の教員が渡独し、ドイツの学生と一緒に設計ワークショップを行いました。
ワークショップから得た学びと、ドイツ木造建築の現状報告を行います。

16:40頃〜 報告会2「韓国・韓国木造建築技術協会との国際連携の報告」

岐阜県産材を韓国輸出するために、木材だけではなく設計技術も併せて伝える必要があります。
また、2017年12月に韓国の建築基準法改正に伴い、全ての建物で構造計算が必要となったため、韓国木造業界が混乱しました。状況を改善するため、学生と開発した構造安定書作成技術支援ツールを韓国実務者に利用研修したところ、韓国における木造軸組構法の設計・確認申請がスムーズに行えるようになってきています。
このような、法改正に係る技術支援について話をします。
また、韓国での建築展示会「KOREA BUILD 2018、2019」の報告、韓国での国際会議「WCTE2018」の報告など、学生と一緒に参加した内容について話をします。

17:10頃 終了予定(当日の進行によって延長の可能性あり)

参加者:建築実務者、公共団体などの建築・林業の関係者、森林文化アカデミー学生・関係者(一般の方も参加可能です)

参加費:無料、事前申し込み不要(当日満席の場合は立ち見にまりますのでご了承ください)

問い合わせ:森林文化アカデミー事務局 0575-35-2525(報告会担当者 松井匠、小原勝彦)

奮ってのご参加をお待ちしております。


文字の大きさを変更する
色を変更する