イベント
開催日:2017年06月24日 (土)

「ぎふ木育指導者養成講座」2期生募集開始!

都市部の身近な森、「ぎふ文化の森」をフィールドワーク!

岐阜県では、豊かな自然や森林を守り、次の世代につなげていくために、森や木に親しみ、学ぶことを通じて、岐阜というふるさとに暮らす私たちが、なによりも未来を担う子供たちが、こころ豊かに暮らし、育ってほしいとの願いから「ぎふ木育」を推進しています。

生きている森の伝え方を学び合いました!

「ぎふ木育指導員」とは、「ぎふ木育」に関する幅広い知識を有し、現在県で整備を進めている「森の恵みのおもちゃ美術館(仮称)」等の拠点をはじめとする様々な場面において運営サポートスタッフとしてご活躍いただく人材です。その2期生の募集を開始します。以下全8回講座を受講し、同じ志の仲間と共に森と人をつなぐ役割を担ってみませんか?

1期生がセレクトした一押しの木のおもちゃたち!

 

川上から川下までの、森林から木材への繋がりを学びます!

 

8回の研修はスタート地点にすぎません。1期生は、22代から70代まで、子育て中のママさんも多数参加してくれました。すでに「ぎふ木育カフェ」「ぎふ木育教室」等のスタッフ体験をしたり、自ら「スタディツアー」を企画したり、晴れの舞台を目指し自己研鑽に励んでいます。

滋賀スタディツアー

本年度の研修は以下の通りです。託児もご相談下さい。

①ぎふ木育指導員スタートアップⅠ
〜ぎふ木育30年ビジョン・木育・おもちゃ美術館〜

②ぎふ木育指導員スタートアップ Ⅱ
~森のおもい・人のおもい・実践園〜

③岐阜の木でモノづくり。箱椅子、楽器、スプーンなど。
~「ぎふ木育カフェ」という手法を体験する〜

④ぎふ文化の森と街へのつながり。木から木の家へ、おもちゃへ。
~伝える手法をまなぶ〜

⑤山から里、里から街へのつながり。
~自然と人とのかかわり、人と人とのつながり〜

⑥岐阜の伝統工芸と郷土玩具
~郷土のものづくり手法を学ぶ〜

⑦「木育」を伝えるおもちゃと遊び
~遊び・おもちゃ・木育の融合とホスピタリティ〜

⑧ぎふ木育指導員総論・修了式
~ぎふ木育の専門家が果たす社会的活動の意義と展望〜


●講座日程:2017年6月24日(土)〜2017年12月23日(土)全8回
●受講料:無料、別途教材費:¥20,000

※森と木の伝道師にふさわしい特注オリジナル教材を準備中!

●必要書類
・履歴書(顔写真付き)

・課題 – 志望動機(A4縦置き横書き1枚800字程度)

 ※皆さんの想いをレポートにしてください!
●申し込み締め切り:2017年6月10日(土) ※当日消印有効
●定員10名

詳細はコチラから29ぎふ木育

木材についての適材適所を学びます!

講座主任:松井勅尚

 


文字の大きさを変更する
色を変更する