イベント
開催日:2018年02月06日 (火)

森のようちえん指導者研修「焚き火マスター基礎講座」

満員御礼! 

おかげさまで申し込み受付開始後数日で定員を満たしましたので

一旦受付を終了いたします。

これから申し込もうと思われていた方、ごめんなさい。

またの機会にお願いいたします。

「森のようちえん」と「焚き火」は切っても切れない関係です。

調理や暖房(乾燥)、遊びと成長、癒し、そして人と人がつながる場づくりなど、
「火」は様々な要素を持っています。

火は木育の中でも、子供たちの健全な成長に欠かせない重要な要素の一つであり、
人類の暮らしと森をつなげる大事な要素の一つでもあります。

そんな焚き火ですが、「火が燃える仕組み」について知っている人は意外に少ないのも現状です。そして便利な反面、安全に付き合うということも忘れてはならないことでもあります。また、現場からは野外における安全な火の扱い方の技術を習得したいという声が多く聞かれます。

そこで今回は、日本全国でサバイバルスキル講座を実施されているWild&Native代表の川口拓さんを講師にお招きして「安全かつローインパクトな焚き火」をするための研修会を実施します。

川口さんは、ネイティブアメリカンの古老にサバイバルやトラッキングの技術を学び映画の主人公にもなったアメリカの有名なトラッカー(動物などの足跡を追う人)であるトム・ブラウン・ジュニアが主宰するサバイバルスクールで様々な技術を実践的に学ばれてきた数少ない日本人の一人です。

そんな川口さんを囲んで、安全かつローインパクトに火と付き合う方法を学ぶ「焚き火マスター」への一歩となる基礎講座を開催します。

水や土と並んで、子どもたちの成長にとって欠かせない要素の一つでもある「火」についてたっぷり、じっくりと学ぶ1日。森のようちえん活動の指導者の皆さん、滅多にないチャンスですよ〜。ぜひご参加ください。

開催日時:2018年2月6日(火)10:00〜15:30

開催場所:岐阜県立森林文化アカデミー(美濃市曽代88番地)

対  象:森のようちえん指導者、保育士、幼稚園教諭、自然体験指導者、木育指導者、興味のある方

参 加 費:3000円(当日受付にて現金で徴収します)

定  員:20名程度(先着順)

主  催:野外自主保育「森のだんごむし」

協  力:岐阜県立森林文化アカデミー(岐阜県美濃市曽代88番地)

<申し込み>

タイトルに「焚き火マスター基礎講座」と書いて
①氏名(ふりがな)②性別 ③年齢 ④所属(あれば)④住所 ⑤電話(当日連絡つくもの)

を明記の上、navanava@pop02.odn.ne.jp までお申し込み下さい。

*注意!「gmail受信可能」にしておいてください!

問 合 せ:090−9239−9187(萩原ナバ)

 

<当日の流れ(予定)>

09:30 受付
10:00 オリエンテーション
10:00 焚き火の原理&焚き火で調理
12:00 昼食
13:00 火おこし体験・安全&ローインパクトな焚き火とは
15:00 ふりかえり
15:30 終了

 

<講師プロフィール>

川口 拓

1971年地球の日(4/22)に生まれる。1996-2004年カナダやアメリカを何度も訪れ、雪山登山、ロッククライミング、野外教育法、ネイティブアメリカン古来の教え、大地と共に生きるサバイバル技術等を学ぶ。
2001年よりWILD AND NATIVE (http://wildandnative.com/) 主催、2013年一般社団法人危機管理リーダー教育協会(http://cmle.jp/) 設立。ネイティブアメリカンの大地と共に生きるサバイバル術、アウェアネス等を、一般の方から自衛官警察官まで共有。

最新著書「キャンプでやってみる子供サバイバル」(http://amzn.to/2svhoiD)


文字の大きさを変更する
色を変更する